ロレアルパリ・エルセーヴのヘアケア

以前のブログにも書きましたが、私の髪は“太い、硬い、癖毛”の三重苦なんです。

乾燥するこの時期になると、髪の毛がもわ~~っと膨張して、それはもう大変!
いくらスタイリングしても、夕方には“みだれ髪”(与謝野晶子じゃありませんが)に
なっちゃいます(^_^;)

そんな私が今使っているヘアケアシリーズが「ロレアルパリのエルセーヴ」のシリーズです。
e0135287_23131690.jpg
e0135287_23132436.jpg


赤いスプレーのボトルは“クイックオイルリペアトリートメント”という画期的な
商品で、シャンプー後の髪にささっとスプレーしたら即洗い流せる放置時間0分!の
トリートメントです。

トリートメントは長く放置したほうが髪に浸透する・・・・という常識をくつがえす
発想。 その秘密は、有用成分の乳化サイズをマイクロ粒子化することによって、
髪への浸透を大幅に短縮(スピードアップ)したことにあります。
クリーム素材のトリートメントよりも浸透スピードが速く、髪ににじませた後すぐに
洗い流せるんですね。

オイルベースのトリートメントなので、私のような扱いにくい髪もしっとりしなやかに
スタイリングしやすい素直な髪にしてくれます。

そしてもう1品、とても気に入ったのが2枚目の画像の“ディープリペアエッセンス”。
洗い流さないタイプのアウトバストリートメントです。
これを仕上げに使うと、めちゃくちゃツヤとハリが出ます!
乾燥してピンピン立ってくる「アホ毛」がなくなり、しっとりと
落ち着いた髪になります。
髪がぺちゃんこになってしまう人にも自然なハリやコシ出るのでおススメ!

日本人の髪を徹底的に研究して作られているロレアルパリのヘアケアシリーズ、
ダメージを防ぎながら理想の髪質に近づけてくれます。

*ちなみにアホ毛って、とっても面白い言葉なのでウィキで調べたらこんな風に
解説がありました。

アホ毛(アホげ)とは、美容に関する日本の若者言葉で、まとめた髪の毛の
表面からぴんぴん出てきて(跳ねて)いる短い毛のことを指す。
英語では"cowlick"や"frizz"[1]と呼ばれている。また、そこから派生して
漫画・アニメ・ドラマCD・ゲームなどでは、寝癖・癖毛によって
頭部から1本(または複数本)触角のように飛び出して立っている毛のことも
アホ毛と呼ぶ。

クイックオイル リペアトリートメント
ロレアル パリファンサイト応援中
[PR]
Commented by 紅緒まま at 2011-12-05 13:35 x
髪を染めざるを得ない最近、髪が以前より堅いです。
手触りが良くないです。ほんと待ち時間0分のトリートメントってすごいですね。アホ毛・・あはは。
私は右側の顔の周りの髪が外側にはねる癖があります。
10代以降は気にして、直したりしてますが、その前の子供時代の写真みると、見事にいつも右側が外はねしていておかしいです。
Commented by yumi-gino at 2011-12-06 00:20 x
>紅緒ままさん、
私も髪がもともと硬いのに、ヘアカラーするから
ごわごわの手触りになってきて・・・すごく悩んで
いました。
おまけに縮毛矯正しないと手におえない癖毛なので
傷みまくっています。

アホ毛って、なんだかユーモラスじゃないですか?
名前
URL
削除用パスワード
by yumi-gino | 2011-12-04 23:27 | コスメ&モニターイベント | Comments(2)

犬と猫、素敵な音楽とアートがあればそれで幸せ。  ペットの肖像画も受け付けています。


by yumi-gino
プロフィールを見る
画像一覧