はじめてのスクラッチボード・アート

都営新宿線の一之江駅からすぐの場所にある『さわやか子育て研究所』に“スクラッチボード”なるものの体験に行ってきました。

さわやか子育て研究所は、いろんなワークショップや教室を開催していて、子供がいない大人でも気軽に受けられる単発講座があるのです。

スクラッチボードとは紙の上に黒い紛体のようなものが塗布された厚手の用紙です。 黒い紙をひっかくように描いていくと白い部分が表れてそれが線になるわけです。
e0135287_20415270.jpg

スクラッチペンと呼ばれる細い彫刻刀(印刀のような感じ?)のもので引っかくと下地の白が現れてきます。
e0135287_2041596.jpg

ペンの角度とか方向、力によって上手に削れたり削れなかったり・・・。
そして一番苦労するのが普通に黒く塗るペン画などと違って、白い部分を描いていかなくてはならないこと。
時々頭がごっちゃになって、黒く残すべきところを一生懸命削っていたりして・・・・。

2時間、無心であっという間に過ぎました。

毛を一本一本描くのでかなり根気のいる作業ではありますが、
家で少し手を入れてやっとこさ仕上げました。
なんか、イマイチ可愛くない、意地悪そうな子猫の出来上がり!
e0135287_2044464.jpg

メリハリのつけかたがやっぱり難しいし、線が一本調子になって
柔らかいニュアンスが出せないの。 練習したら少しは上達するかな?

でも、すごく楽しい体験でしたよ~。
また自分でもオリジナルの絵を描いてみたくなりました。
[PR]
Commented by 紅緒まま at 2013-03-14 09:12 x
楽しそうですね。
あはっ、意地悪そうですか?
かわいいですよ。わくわくがいっぱい!って感じの活発そうな子猫ちゃんです。
Commented by ロンママ at 2013-03-14 19:59 x
素晴らしい!!
こういうのって、失敗が許されないじゃないですか・・・。
毛の流れがよくわかって、素敵ですね。
Commented by yumi-gino at 2013-03-16 11:10 x
>紅緒ままさん、
ちょっと好奇心一杯の、何かたくらんでいるような
表情になっちゃいました~。 
写真とは似てもにつかない子猫。 でも今回参加した
5名(男性もいました)それぞれ個性あふれる
作品を描くことが出来ましたよ~~。
Commented by yumi-gino at 2013-03-16 11:12 x
>ロンママさん、
ありがとうございます。
そうそう、一度削っちゃうとやり直しがきかないので
結構大変です。
毛の流れは一番注意しないといけないことかも。
鼻のあたりの毛の流れは入り組んでて複雑なので大変~~!
注意深く観察するのが必要ですね!
名前
URL
削除用パスワード
by yumi-gino | 2013-03-13 20:47 | | Comments(4)

犬と猫、素敵な音楽とアートがあればそれで幸せ。  ペットの肖像画も受け付けています。


by yumi-gino
プロフィールを見る
画像一覧