光に向かって~スクラッチアート

黒いボードを細い針のようなものでひっかいて描くスクラッチアートで猫ちゃんの絵を
仕上げました。
e0135287_20325449.jpg


6月18日から京都で開催される「世界一小さい?!ミニ絵画・京都展」に出品します。
(タイトルは“光に向かって”。 大きさはハガキサイズです。)

合計10点ほどの絵と、アクセサリー・雑貨などを出品する予定です。
京都にお住まいの方、もしいらっしゃいましたら是非ご高覧くださいね。
e0135287_20364998.jpg

ギャラリーLittle House(京都)6/18~6/30 世界一小さい?!「ミニ絵画・京都展」
畑正憲(ムツゴロウ)など異分野で活躍する作家85人が心温まる、ユーモア精神に満ちた作品を1,000点以上展示即売いたします。
営業時間:11:00~19:00[ 定休日:月曜日 ]
〒600-8491 京都府京都市下京区四条室町角 鶏鉾町478番地
TEL:090-9977-1559
[PR]
Commented by ロンママ at 2013-06-07 07:06 x
以前も思ったけど、本当に細かい作業ですよね。
失敗は許されないし・・・下書きはどのようにするのですか??
毛の流れも素敵だけど、ひげがいい感じ!!
Commented by yumi-gino at 2013-06-07 20:02 x
>ロンママさん、
一度削ると、元に戻せないので
神経を使います。
下書きだけは失敗出来ないので、カーボンで
うすく輪郭と目鼻の位置だけアタリを
付けておきます。
あとは、写真を見ながら注意深くデッサンしていきます。

普通の描き方と逆(白い部分を描いていく)なので、頭の切り替えが難しいですね。
Commented by 紅緒まま at 2013-06-10 07:42 x
スクラッチアート素敵ですね。
あっ、1度削ると修復不可能なんですね。
それは神経を使いますね。
京都での展覧会、ひとりでも多くの方が行かれますように。
Commented by yumi-gino at 2013-06-10 17:59 x
>紅緒ままさん、
まだまだスクラッチアートは修業が必要なようです(^_^;)
ハッ!と気づくと、余計なところを
削っていたりして・・・・。
また描いたらUPしますね!
名前
URL
削除用パスワード
by yumi-gino | 2013-06-05 20:36 | | Comments(4)

犬と猫、素敵な音楽とアートがあればそれで幸せ。  ペットの肖像画も受け付けています。


by yumi-gino
プロフィールを見る
画像一覧