BーONE(ビーワン)の水ヘアカラーを体験!

このたびモニプラさんからご縁をいただき、環境保全研究所さまが開発したビーワンの
「水カラー(カラーリング)」の体験モニターイベントに行ってきました。

今回ビーワンの施術をしてくださるのは千葉県千葉市稲毛区の『美容室Ai』さん。 
JR稲毛駅から徒歩数分の便利な場所にあります。
e0135287_14203861.jpg

私はビーワンや「水カラー」については何も知らずに行ったのですが、お水の力で
ヘアカラーやパーマ剤、シャンプーなどの化学物質の負担やストレスを大幅に軽減させて
髪や頭皮を傷めることなく髪本来の美しさを取り戻していく方法だそうです。

芸能人の方にもビーワンのファンが多いという事ですよ。

まず、髪質や体調などのアンケートを描き、希望の髪色を美容師さんと一緒に選びます。
e0135287_1426442.jpg

季節柄、少し明るい色にしてみたかったので、6番と7番の中間くらいのカラーを希望しました。

最初のステップは「デトックスシャンプー」です。
ビーワンのオールインローションをこんな感じに(席に座ったまま!)頭頂部からた~~っぷりと
髪と頭皮になじませていき、毛穴に詰まった老廃物を取り除いていきます。
e0135287_142865.jpg

かなりたくさんの量(200ccくらいだそうです)をかけ、丁寧になじませていくのですが
びっくりしたのがこれだけのお水をふりかけても顔などに垂れ落ちがほとんどないという事。
e0135287_15123282.jpg

粒子が細かく浸透性の高いお水なのでしょう、頭皮や髪にどんどん入って行っている感じです。
e0135287_1430672.jpg

そのあと、ビーワン水を調合した泡シャンプーで髪を洗い、シャンプー台で流していきます。
ビーワン水はシャンプーと混ぜることで地肌ストレスを軽減させ、頭皮や髪を健康にする
こともできます。 細胞も活性化するそうですよ。 

お次は「プレ処理」。 パーマやカラーの前にビーワン水を頭皮や髪に充分に供給することで、
少量の薬剤でも施術が可能な状態(伝導体)を作ります。
e0135287_15153254.jpg

たっぷりのビーワン水を含ませたスポンジで頭皮にお水をなじませていきます。
e0135287_15161493.jpg

頭皮や髪だけではなく、首筋のリンパにそってお肌にもお水を入れ込んでいきます。
お水は、人肌に温められていて、すごく気持ちがいいんですよ。
その後、専用のヘアリフォーマーという空気の出る機器を使い、水の浸透を促します。
e0135287_15224568.jpg

e0135287_15241088.png


いよいよカラー剤添付です。 カラー剤にビーワン水を同じくらいの量加えていきます。
e0135287_15251531.jpg

こんなに水を加えて染まりが悪くなったりしないのかしら?と思いましたが、その
逆で、染まりがよくなりカラーの持ちも良くなるんですって!
家で染める場合もビーワン水を混ぜることにより、同様の効果が得られるそうです。
e0135287_15252762.jpg

e0135287_15273756.jpg

刷毛で丁寧にカラー剤を塗っていきます。
普通、カラーをやっているときって、匂いがしたり目に沁みるような刺激を感じますよね。
こちらのビーワンシステムでは、そのようなニオイや刺激が一切ないのです!!
店内に入った時から感じていましたが、いわゆる「美容室のニオイ」というか、薬剤の
匂いがしないのです。
特殊なカラー剤なのか聞いてみたら「どこの美容室でも使っているカラー剤」ということで、
このお水の力で匂いや刺激が抑えられているのですね。 これには本当にびっくりしました。

20分ほど放置し(その間もヘアリフォーマーで空気を送り込んでいます)そのあとまた
ビーワン水を加え、乳化させ、また泡シャンプーをしていきます。
e0135287_15311748.jpg


どの工程でも必ず水をたっぷりと入れ込んだり、パッティングやスプレーする作業がありますので
水カラーには全部で2~3時間かかりますが、不思議と全然疲れず、むしろ終わった時スッキリ
した感じになりました。

私は美容院でカラーやストレートパーマをやるとぐったりと疲れ切ってしまうのですが、
それは今まで目に見えない空気中の化学物質などが身体などに負担をかけていて
疲れとして出ていたのではないかと感じました。 
施術の間中、こまめなマッサージや、目が疲れているとアンケートに書いたのを見て
アイパック(シートマスク)をしてくれるなど、細かな気遣いもあり、全然長く感じませんでしたね。

そして、最後はグレースというお水をスプレーしながら、ブローしていきます。

油分で膜をはるようなトリートメントをしなくても、お水の力で髪のしなやかさが実感できます。

「施術前(ビフォー)」:お目汚しですみません。 分け目に1センチほどの白髪があり
後ろの頭頂部にも白髪が。 くせ毛なので全体的にうねりがあります。
e0135287_15371422.jpg
e0135287_15374421.jpg


「施術後(アフター)」:手ぐしで乾かしただけでトリートメントもしていないのに
うねりが少なくなり、落ち着いた感じになりました。
e0135287_1542386.jpg
e0135287_15421395.jpg

分け目の白髪にもきちんと色が入り、ツヤもUPしました!

今回体験して感じたのは、お水のパワーを最大限に生かした、髪へのストレスなどがない
とてもユニークな施術方法だったということ。
しかも、カラーと同時に頭皮エステ、リラグゼーションが一緒に受けられたかのような
お得感もありました。

そして、体験する前は「たかが水」と思っていたのが「されど水」という意識に変わりました。

“経皮毒”という言葉もありますが、頭皮から吸収されてしまう化学物質はかなり多いし
毎日のシャンプーやヘアケア剤、カラーなどの負担は相当なものです。
少しでも髪や健康、そして環境にいい方法を選ぶのはこれから必要なことだと思いました。

(株)環境保全研究所さまから≪水メニュー30%OFF券(PDFでひらきます)≫を
いただいておりますので、こちらを印刷していけばお得に水メニューを体験することが出来ますよ!
(8月31日まで有効です。)

◆全国ビーワンサロンリストはこちら
このリストは全国でビーワンの施術が体験できるサロンリストです。
会員向けの内容となっておりますが、一般の方も受けることができるそうです。
※事前のご予約等が必要となります、さらにサロンによっては割引などのサービスが
適用されないサロンもありますのでご注意ください。


ビーワンシリーズ
環境保全研究所ファンサイトファンサイト参加中
[PR]
Commented by タクまま at 2014-05-16 19:54 x
お久しぶりです!
ビーワンって名前は聞いたことありますが
(雑誌とかで見ました)、こんなに水を
随所で使うんですね~!
髪にやさしそうで、やっぱりお肌と同じように
髪にも水分って重要なんだなと思いました。

あいにく千葉は遠いので、どこか近くで試せる
所を探してみますね♪
Commented by yumi-gino at 2014-05-16 22:19 x
>タクままさん、
お元気でしたか? ご無沙汰しています。

今回、初めてづくしの体験で、とっても
面白かったです。 
今までヘッドスパとかやったことはありますが
お水の力で頭皮の汚れを落としたり、薬剤の
負担を減らしたりすることが出来るなんて
目からうろこでした。
もしお近くにサロンがあったら是非行ってみて
下さいね。
たぶんPCで検索できると思いますよ♪
Commented by 紅緒まま at 2014-05-17 07:19 x
水ヘアカラー、ビーワン。全然、知りませんでした。
私はもっぱら今の所、家で染めています。どうも長時間、美容院の椅子に座っているのが苦手でして。でもプロにしてもらうときれいに染まりますようね。
それにこちらのはとっても良い事がいろいろですね。
Commented by のん福レオのお母さん at 2014-05-17 09:31 x
貴重な体験をされましたね☆
たかが水、されど水ですよね。。
人間体のほとんどは水分で成り立っているのだから
水は大切だと思います。。
地方ではなかなか体験できないかもしれませんが覚えておきますね^-^
Commented by yumi-gino at 2014-05-17 14:44
>紅緒ままさん、
私もこんなユニークな施術方法があるとは
実際に体験するまで知りませんでした。
どこのサロンも“髪に優しい”とかっていう
文言を使っているけど、これほどストレスのない、水の優しさとパワーを実感したカラーは
初めてでした。
私も椅子にじっとしているのが苦手でしたが
不思議と疲れませんでしたよ!
Commented by yumi-gino at 2014-05-17 14:46
>のん福レオのお母さん 、
本当に貴重な体験でラッキーだったと思ってます。 薬剤を選ばないという事で、サロンで販売されてるビーワン水を家で使ってるカラー剤やシャンプーなどに混ぜると、効力が
高まり、髪もツヤツヤで抜け毛も減るようです。
機会があったら是非体験してみてくださいね。
名前
URL
削除用パスワード
by yumi-gino | 2014-05-16 14:20 | コスメ&モニターイベント | Comments(6)

犬と猫、素敵な音楽とアートがあればそれで幸せ。  ペットの肖像画も受け付けています。


by yumi-gino
プロフィールを見る
画像一覧