小さなオーロラの壺

今日、チーを荼毘に伏してきました。 
天気が良くて良かったですが、風が冷たい冬の始まりのような一日。
e0135287_18015629.jpg
チーちゃん、こんなに小さくなって戻って来ました。 
お骨は、先代ワンコやニャンコ、うさぎなどの骨壺があってかさばるので、
全部パウダー加工してもらいました。 
通常の骨にくらべて10分の1くらいの体積になるんですよ。 
妹は専用のペンダントを注文し、いつも一緒にいられるよう身につけるそうです。

葬儀の係の人が、すごくしっかりした骨ですね~、とびっくりしていました。
18歳という年齢だったけど、お口の穴以外は健康だったんだなぁ。
猫の鼻の構造は複雑で鼻腔から続く膜などが薄く、鼻炎の症状が悪化したり
長引いたりすると上顎に穴があくことがあると聞きました。
チーも鼻炎持ちでした。 食事をしたあと、よくくしゃみをしていました。
もしくしゃみとか鼻水が止まらないという症状があったら、一度
上顎の奥をチェックしてあげてくださいね。 チーと同じ苦しみを味わう子が
少しでも減りますように・・・・・。 
知識があったらもっと早くに発見してあげられたのに・・・と後悔は尽きません。

e0135287_18022678.jpg
沢山のお花がチーと一緒に天に昇って行きました。
ここ4か月、食べたくても食べられなかったカリカリと焼きカツオも入れたよ。
向こうで美味しく食べてね。

ありがとう、一緒にいられた18年と3か月、幸せだったよ♪
チーもきっとそうだったよね?

どうかどうか、この世に生を受けた動物たちが、ちゃんとこの世で幸せになれますように
神様によろしく伝えてね・・・、と願いをチーに託しました。

葬儀の帰り道、チーの遺した流動食の缶詰や高栄養食、スポイトなどを猫のレスキューを
しているNPO法人ねこけんに寄付するべく宅急便を出してきました。
今はこれらのご飯を見ると辛いし、なにより病中病後の猫さんに役立ててもらえたら
嬉しいな。 チーもきっと喜んでくれると思います。

チーをナデナデして頂いた方、本当にありがとうございました。

[PR]
Commented by 紅緒まま at 2016-11-09 09:23 x
チーちゃん、お帰りなさい。
これからもずっとずっとyumi-ginoさんのご家族と一緒ね、チーちゃん。
お花に囲まれているチーちゃん、いっぱいなでなでです♡
Commented by yumi-gino at 2016-11-09 14:03
>紅緒ままさん、
ありがとうございます。 今は何を見てもチーがいない、と感じてしまって辛いですが、だんだんとその“不在感”にも慣れていかなくては・・・と思います。 歳の割にすごく若いと、お骨を褒められてちょっと嬉しかった飼い主です(~_~;)
Commented by ロンママ at 2016-11-10 16:31 x
コメントが遅くなってごめんなさい。
ロンと重なってしまいました。
お骨をパウダー状にできるんですね。
ロンの場合は、骨を折れば小さい骨壺に入ると言われたのですが、骨を折るのは嫌だったので少し大きい骨壺になりました。
チーちゃん、いっぱい頑張りましたね。今頃はお空の上から見守ってくれていますよ。18歳だなんて、本当に羨ましいです。
ご冥福を心からお祈りいたします。
じのりんさん、寒さが続きますがご自愛くださいね。
Commented by yumi-gino at 2016-11-10 18:37
>ロンママさん、
ロンちゃんのこと、私もチーと重ねて考えてました。
もっともっと長生きしてほしかったですよね。 どんなに高齢になっても、大往生と言われる年齢になってもそう思ってしまうと思います。
パウダー加工、やってくれるところは限られているのかしら?
無料でやってくれて、一番小さな骨壺におさまりました。(手のひらに
乗るサイズです。) サラサラしているので、お庭とかに撒いても吸収がいいらしいです。
Commented by のん福レオのお母さん at 2016-11-11 15:14 x
綺麗な骨壺に可愛い柄の袋ですね。。
まだまだチーちゃんを失った悲しみに包まれていることと思います。。
チーちゃんが寝ていた場所や使っていた小物、遊んでいたおもちゃ・・・
良く居た場所・・・
生前のチーちゃんを思い出しますよね。。
今は、悲しくても辛くてもチーちゃんのことを思い出して偲んであげてね。。
私もチーちゃんを偲んであげたいと思います・・・。。
寒くなってきました、yumi-ginoさんも家族の方もご自愛くださいね。。
Commented by しんごのママ at 2016-11-11 16:13 x
チーちゃんはとうとうあの世に上っていってしまったのですね。
yumi-jinoさん、本当にご苦労さまでした。
お疲れやショックでご病気にならないように気を付けてくださいね。
ご自分の体を大切になさってください。
ちーちゃんもyumi-jinoさんのことをいつもそばでずっと見守っていて
くれると思います。
あまり悲しんで体を壊さないようにと願うばかりです・・・
Commented by yumi-gino at 2016-11-11 19:21
>のん福レオのお母さん、
何を見てもチーを今は思い出してしまいます。
哀しい記憶より楽しい記憶の方が圧倒的に多かったのに、
まだまだ時間が必要みたいです。
本当に急に冬が来たような冷え込みですので、お互い風邪ひかないよう
気を付けましょうね。
Commented by yumi-gino at 2016-11-11 19:23
>しんごのママさん、
お優しい言葉ありがとうございます。
チーの介護をしている間は、ずっと睡眠不足が続いていたのですが
少しはよく眠れるようになりました。
でも、目を覚ましてもチーが傍にいないのはホントに寂しくて。
どうして命には寿命があるんだろう?などととりとめのないことを
考えてしまいます。
Commented by くまま at 2016-11-27 17:04 x
チーちゃんは長生きしたんですね。時間はかかりますが、少しずつ楽しい記憶を多く思い出すように、チーちゃんも、そう望んでいると思います。私も、先代犬クーの最後には、なんとか一口でも飲んだり食べたりさせようとしましたが、その気持ちは、きっとチーちゃんにもつたわっていると思いますよ。
Commented by yumi-gino at 2016-11-27 17:45
>くままさん、
こんにちは。 お優しいコメントありがとうございます。
そうですね。 いつまでも哀しい思い出ばかりひきずっていると
チーが可哀そうですね。 それ以上のいい思い出を沢山残してくれたのに。
そうですか、先代ワンコちゃんの時もそのような葛藤があったのですね。
やはり、食べさせる事を諦めるというのは大きな哀しい決断ですから、どうしても迷ってしまいますよね・・・・。
名前
URL
削除用パスワード
by yumi-gino | 2016-11-08 18:08 | 我が家の犬・猫たち | Comments(10)

犬と猫、素敵な音楽とアートがあればそれで幸せ。  ペットの肖像画も受け付けています。


by yumi-gino
プロフィールを見る
画像一覧