2017年 07月 31日 ( 1 )

101匹猫展終了&猫がつなぐご縁に感謝(その1)

銀座・ギャラリー暁にて開催されていた『101匹猫展』、昨日無事終了いたしました。
暑い中お越し下さった皆様、作品をご高覧して下さった方、グッズなどを購入して
下さった方、本当にありがとうございました!
e0135287_13450199.jpg
e0135287_13450968.jpg
私の展示コーナーです。 途中グッズの追加もしましたが、搬出時には
結構少なくなっていて嬉しい悲鳴。 帰りの荷物が軽くて済みました(~_~;)
e0135287_13455836.jpg
e0135287_13454438.jpg
↑こちらは私の大好きな高田雄太さんの絵です。下の3作が色鉛筆画とはとても
信じられない繊細さ! (上段2点は水彩だそうです。)
e0135287_13452545.jpg
e0135287_13453851.jpg
e0135287_13451587.jpg
絵画作品の他にも木彫りのブローチや袋物、革小物、猫人形などなど
バラエティーに富んだグッズも並んでいましたよ。


そして29日には、はるばる北陸・金沢からスコクラブのん福レオのお母さん、
お友達のクレアさん、そして蘭ママさんがいらしてくださいました。

e0135287_13501267.jpg
↑こちらの作品『夢の続き』の2匹の猫ちゃんはのん福レオのお母さんの愛猫です。
昨年の夏、左の福千代(フクチョン)が40日以上も行方不明になってしまう
事件が起き、お母さんは必死の捜索活動を繰り広げられました。
沢山の猫友さんの応援、協力、いろんな奇跡がつながって、フクチョンは無事
お家に帰ることが出来ました。 (千代ちゃん発見!の記事はこちら

保護当時、ガリガリに痩せていたフクチョンも、1年経った今はもとの体重を取り戻し
他の3にゃんと一緒に平穏な日々を送っています。
この絵は、フクチョンと右のスケ坊が子猫の時の、ねぼけまなこの写真を元に
描いたのですが、フクチョンが生きていてくれたからこそこうしてまた『夢の続き』を
見ることができる・・・そんな感慨を込めてタイトルを付けました。
e0135287_13460724.jpg
↑2匹の絵の前で笑顔ののん福レオのお母さん。 
e0135287_22350333.jpg
この日の銀座はものすごい蒸し暑さ、私を除く御三方はこの先もいろいろとご予定が
びっしり。 お忙しい中時間を作って下さったことに感謝です♪

e0135287_13514870.jpg
その他の作品紹介をしておきますね。
↑こちらの絵『昼下がりの猫』は、我が家の愛猫・海(かい)ちゃんがモデルです。
腎不全末期ながらも、毎日頑張ってる海ちゃん、来年は猫展のモデルになって
もらう事が出来るかどうか・・・・いえ、出来る! きっと! 
一緒に来年の夏も迎えられるように頑張ろうね!・・・そんな気持ちも込めてこの絵を
仕上げました。
今回、フクチョン達の絵と一緒に海の絵を並べて銀座に出せて本当に感無量でした。
e0135287_13515577.jpg
↑こちらは好きな紫陽花と子猫の絵です。 ブルーと茶白っ子って
似合いますよね。
タイトルは、皆さんご存知のあの映画をパクリました(~_~;)
初めて見る紫陽花に興味津々な猫ちゃんの姿を水彩で描いてます。

なんとびっくり、同じ猫展に出されている猫人形作家さんがこの絵を
お買い求めくださったんですよ~~!
101匹猫展では毎回おなじみの、いろんな衣装を身にまとった可愛い猫人形さん、
すぐ売り切れてしまうほど人気なんですよ。 そんな作家さんが私の絵を
買って下さったなんて本当に嬉しいです。 ありがとうございます!
今回すれ違いで会場でお会いすることが出来ませんでしたが、また来年猫展で
ご一緒出来る事を楽しみにしています。

あと2点、小さな絵もあったのですが、こちらもお嫁入りしました。(写真が
なくてすみません。) 本当にありがとうございます。 
これから作品作りを続けるうえでとても励みになります!

さて、次の日も猫たちが繋いでくれた素敵な出会いがありました。 
長くなるのでまた次回にUPしますね~。

[PR]
by yumi-gino | 2017-07-31 14:12 | 日常 | Comments(6)

犬と猫、素敵な音楽とアートがあればそれで幸せ。  ペットの肖像画も受け付けています。


by yumi-gino
プロフィールを見る
画像一覧