2017年 09月 04日 ( 1 )

寄り添うこと

先日動物病院で検査に行ってきました。
海ちゃんですが、もう腎臓のBUN,Creの値が測定出来ないくらい悪化していました。 
(クレアチニン13.6以上、BUN130以上で測定不可)

呼吸が荒く苦しそうだったのでエコーを撮ってみるとなんと胸水が溜まっていて、
胸に針を刺して沢山抜いてきました。 胸から水がどんどん出てきてショックでした。
貧血は輸血が必要なレベルにまでなっていて・・・・。 

今日は今日で、排便しようといきんだら、呼吸が乱れ、開口呼吸に。
もしかしたら便秘になっているのかも。 自分で食べないので、カリカリを
強制的に口に入れていたのが悪かったのか・・・・。
流動食をなかなかゴックンしてくれない海、これからは便秘の事も
考えて水分の多いものにシフトしていかねば。

貧血は、造血ホルモン剤を打ち始めましたが、腎臓から来るものなので腎臓が
悪化すれば貧血も悪化するというループ。
輸血も頭によぎりましたが、猫の血を入手するのはなかなか難しく
反応が悪く出た場合が怖いとか。 たとえ輸血をしてもその場限りの
一時的な対処になるそうなので余り視野にいれたくありません。

どうかどうか、造血ホルモンが効いてくれますように・・・。

腎臓、貧血、そして必須の輸液が身体の循環不順により胸に溜まるという、
『こちらを立たせればあちらが立たず』的なことになってきていて、
どれかを優先すると他のどこかが悪化するという事になってきました。

もしかしたら、海との残された日々はそんなに多くないかもしれない。
抗っても抗っても、避けられないものが目前に迫っているのかもしれない。
でも、祈らずにはいられない。 どうかどうか、一日でも長く、と。

海には少しでも穏やかに、日々を過ごして欲しいと思っています。
どのくらいの間、強制給餌をしたらいいのかという難問がまた降りかかりました。
チーのときに、あれほど後悔したのに、やっぱりご飯をあげないという
選択肢は“今は”選べない・・・・。 結局ずるずるとしてしまいそうな弱い飼い主です。

何も出来ずただあたふたとする飼い主だけれど、最後まで海に寄り添って
行きたいと思います。
e0135287_14375452.jpg
↑6年前、ムックがいたころの写真。 旅立ちが近いムックに、海はずっと寄り添って
いてくれました。 チーが旅立つときもずっとそばにいてくれたんです。 
本当に海は優しい子です。 
今度は私たちが海のそばにいるからね。 安心してね。 

[PR]
by yumi-gino | 2017-09-04 14:47 | 我が家の犬・猫たち | Comments(10)

犬と猫、素敵な音楽とアートがあればそれで幸せ。  ペットの肖像画も受け付けています。


by yumi-gino
プロフィールを見る
画像一覧