2017年 09月 13日 ( 1 )

僕のワンダフル・ライフ試写

e0135287_22291132.jpg
9月末に公開予定の『僕のワンダフル・ライフ』の試写会に当たったので、
有楽町のよみうりホールに行ってきました。
海のことがあったので、行けるかどうか保留にしていたのですが、
まるで海が“行っておいで”というようなタイミングを作ってくれたので、気分転換も
兼ねていってきました。

「ギルバート・グレイプ」「HACHI 約束の犬」「マイライフ・アズ・ア・ドッグ
「ショコラ」などで知られる名匠
ラッセ・ハルストレム監督作です。

原作は、W・ブルース・キャメロンが、愛犬を亡くした恋人のために書いたベストセラー小説「野良犬トビーの愛すべき転生」。
ゴールデンレトリーバーのベイリーは、命の恩人である飼い主のイーサンに会いたい
一心で、死後にジャーマン・シェパード、コーギー、セント・バーナードと姿を変えて
転生を繰り返し、3度目の転生で念願の対面を果たすというもの。

試写会場は、満員で男性の姿も多かったです。 物語の内容はネタバレになるので
書きませんが、犬を飼っている人、動物を愛する人にはとても訴える作品となって
います。 海ちゃんを失ったばかりの私にも刺さるストーリーでした。
(私の前に座った女性二人は結構泣いていました(~_~;))

ハラハラしたり、笑ったり、切なくなったり・・・・と、最後にはとても清々しい
気分になれるハートウォーミングな映画です。

主人公の少年が大人になるまでが描かれるのですが、向こうの映画はちゃんと
面差しの似ている俳優をきっちり探して作っているのがいいですね。
違和感がない、というか。 日本の映画は違和感アリアリのキャスティングが
多いので・・・・。

気になる方は公式サイトをご覧くださいね。 9月29日封切り予定ですよ。
http://boku-wonderful.jp/
[PR]
by yumi-gino | 2017-09-13 22:36 | 日常 | Comments(2)

犬と猫、素敵な音楽とアートがあればそれで幸せ。  ペットの肖像画も受け付けています。


by yumi-gino
プロフィールを見る
画像一覧