カテゴリ:我が家の犬・猫たち( 133 )

1か月

今日は海が亡くなってから1か月の月命日。 
小さな花束を買ってきて供えました。
毎日、海に会いたいよ~~!と思いながら眠りにつきます。
夢にも全然出てきてくれません(~_~;) 
e0135287_13274576.jpg
画像は子供の時の海ちゃんです。 幼い顔をしていますね~~。
出来る事なら毛皮を着替えてまたうちに戻っておいで・・・・・・。
待ってるよ。

[PR]
by yumi-gino | 2017-10-09 13:28 | 我が家の犬・猫たち | Comments(8)

2週間

海が旅立って2週間。 もう2週間、まだ2週間という感じ。
毎朝目が覚めると、いつも私の左肩にくっついて寝ていた海を探してしまう。 
そして、いないことに落胆する・・・・その繰り返し。
e0135287_18340752.jpg
海に会いたいなぁ~~~。 6年前旅立ったムックにも。
みんなに会いたい。 でも、夢にもなかなか出てきてくれないんだよね。

e0135287_18364795.jpg
先日、図書館で借りてきた本。 
https://bookmeter.com/books/9803239
“ミーのいない朝”・・・・もうタイトルだけで泣けてきます。
愛するものを失う不安や喪失感、温かい20年間の思い出。
そんな想いがギュッと詰まっていて、今の私にとって必要な本でした。
作者の稲葉真弓さんは、数年前亡くなられたそうで、天国でミーと
再会しているかな・・・・・。

これからも“海のいない朝”にはまだどうしても慣れないだろうけど、
いいかげん海に呆れられないようにしないとね。

でもね、もう一度でいいからあの柔らかい身体をギュッと抱きしめたい。
海に触れたい。 ただ、それだけ。

[PR]
by yumi-gino | 2017-09-23 18:40 | 我が家の犬・猫たち | Comments(8)

海ちゃんがのこしてくれたもの

今日で海が亡くなって1週間がたちました。
1週間前、一番辛い時間を海は耐えていました。 
正直、あまりその時のことは思い出したくありません。

少し前からブラッシングするたびに海ちゃんのアンダーコートの毛を
集めていました。
e0135287_11325704.jpg
モニターでいただいたピロコームでブラッシングした毛が少したまったところで
お星さまになった海ちゃん。  元気なころは優しくブラッシングされるのが
大好きだったのに、8月下旬あたりから体を触られるのがいやだったようで
ブラッシングは控えていました。 

ほんのわずかの海の遺した毛を眺めていたら、ふと「これでピアスを作ろう」と
思い立ちました。 この量なら作れるかも。

石けん水とぬるま湯でひたすらコロコロ。 まあるくなあれ〜、と
願いながら手のひらでボール状に固めていきます。

茶色と白の毛が混じりあい、優しいベージュ色の、ちいさなちいさな
海ちゃんフェルトボールが2つ出来ました
e0135287_11324232.jpg
これで、いつも一緒にいられるね♪ 
飽きないように、極力シンプルなデザインのピアスにしてみましたよ。
e0135287_11322518.jpg
e0135287_11321094.jpg
ちょっと毛羽だっているところも可愛いでしょう?

これから寒くなる秋冬を迎えるけれど、耳元で海ちゃんピアスが揺れると
なんだかほっこりしそうです。

まだまだ海の遺したものを見るにつけ、涙が出てくることもあります。
私にとっては子供のような、大事な大事なかわいい子でしたから。

海ちゃんのために買っていた療法食やホモトキシコロジーの製剤は知り合いの
腎臓病の猫さんに、そして毎日打っていた輸液は“ねこ、いいよレスキュー
という活動をしている方に寄付しました。

海ちゃんが頑張って生きた証しを、こういう形で少しでも役に立ててもらえたら
嬉しいな。 

海ちゃん、たくさんたくさん温かいものを残してくれてありがとう。
もう、君のような猫には出会えないかもしれない。 
我が家にとって最後の猫になってしまうかもしれない。 
でも、猫の素晴らしさを教えてくれた先代ニャー、チー、そして海のことは
永遠に忘れません。 


[PR]
by yumi-gino | 2017-09-16 22:30 | 我が家の犬・猫たち | Comments(4)

お空へ・・・・

まるで夏が戻ってきたかのようなピーカンの空のもと、昨日海を荼毘に伏してきました。
ちょうど日曜日だったため、火葬の予約がびっしりと入っていたようで、
朝8時~の予約しかとれませんでした。 その日は早起きして棺に入れる
お花を買いに行きました。 お花屋さんはそんな時間に開いているところは
なかったので、ネットで調べたら西友が24時間営業とのこと、生花も多少
売っていて助かりました。 早朝5時半にはパン君の散歩を終え、朝食を
あわててかきこみ、西友に車で行き、海ちゃんの支度を整え家の中を
一緒にまわって、気づいたらもう7時半。 別れをゆっくり惜しむ暇も
ありませんでした・・・・。 もっと一緒にいたかったけれど仕方ないですね。

別れ際、パン君は『海ちゃん、どこにいくの? 病院?』と大騒ぎ。
まだ生きていると思ったようで切なかったです。

この夏はずっと天候不順で雨ばかりだったので、こんな晴れた日に
海をお空に返すことが出来て良かったです。 さすが、夏に生まれた海男。
e0135287_15260312.jpg
お骨はチーの時と同じくパウダー加工して10分の1の体積にしてもらい
小さな小さなオーロラ色の骨壺に納めました。
e0135287_15262494.jpg
海ちゃん、家に帰ってきたよ。 もう苦しくないよね。
パン君は姿が見えないのでまだよく事情がのみこめていないようですが、
海の不在にだんだんと慣れていくのでしょう・・・・。
e0135287_15264588.jpg
海ちゃんが息のあるうちに描き始めた絵があります。
身体のいろんなところを触って、毛並みの記憶を手のひらに覚えておくようにして
描きすすめていました。 ちょうど海の部分を描いたところで旅立ったので
残りはまた落ち着いたら仕上げることにするね・・・・。

来年の5月と6月に猫展があるので、それに海の絵も出せたらいいなぁと思っています。

13歳と2ヶ月、海のおかげで本当に幸せだったよ。
大事な大事な、まるで子供のような存在でした。 今も家のどこかにいるようで
姿をつい探してしまうし、『お薬の時間だ』、『注射の時間だ』と思ったり。
そうか、もういないんだなと思う時、いつものベッドに海の姿がないことに
改めて気づいた時がたまらなくさびしいです。

7時間以上も呼吸困難の状態が続いて、最後はやっぱり苦しんだのだけれど
海は立派に闘いぬきました。 すごい猫でした。 

今頃、先代のニャーとチー、そろって3匹で一緒に遊んでいることでしょう。
さようなら愛しい海・・・・。 ごめんね、そしてありがとう。
可愛くて優しい君がホントに大好きだったよ。 また会おうね、海ちゃん。
e0135287_15375891.jpg
沢山のお悔やみコメント本当にありがとうございます。
私は大丈夫です。 まだまだ辛いけど、生きていかないといけないですものね。
頑張った海の事、少しでも記憶にとどめて頂いたらこんなに嬉しいことはありません。


[PR]
by yumi-gino | 2017-09-11 15:39 | 我が家の犬・猫たち | Comments(10)

食べなくなって2週間

海ちゃんが自分でご飯を食べなくなって2週間。
相当体力が落ちていると感じる。
おしっこをするにもウンチをするにも(貧血がこたえるのか)力を使い果たす
ようで、終わった後はグッタリ。

昨日は小さなうんちをしたあと、開口呼吸になって3分も呼吸困難が続いた。
目をひんむいて、このまま死んでしまう・・・と思ってハラハラしていたけれど
しばらくしてやっと落ち着く。
いきんだりする拍子に呼吸が乱れるようで、今後もこういうことがあろうかと
父に急遽携帯用の酸素缶を買ってきてもらった。
e0135287_15125535.jpg
スポーツ用品店やアウトドアショップに売っているのだけれど、アマゾンや
楽天でも買えます。 もっと早くに買っておくべきだったと後悔。
弱ったペットを介護している場合は常備しておいたほうがいいですね。

1本が2分弱しか使えないので、6本買いだめしておいたけれど、使う機会が
無いといいなぁ・・・・。

それから気になる事がまた一つ。 口から出血するんです。
口の中には傷がないのに、ふとした拍子に口の脇から血が漏れてくる・・・。
もしかしたら体内や臓器から出ているのか・・・。
もう病院には連れて行きたくないし(連れていったらまた発作を起こしそう)
しばらく様子を見てみることに。 

穏やかに最後の日々を過ごしたいと思っていても、実際は不安と葛藤、
そして睡眠不足との闘いです。 海の元気だったころの姿を思い浮かべたり
すると『もうあのころの海には会えないんだ』と思ったり、海がいなくなったあとの
寂しさを考えると正直怖い。 だってもう家には猫が一匹もいなくなって
しまうのだから。 そして海がもしかすると私にとって最後の猫になるかも
しれない。

でも、一番キツイのは海なんだ。 満身創痍の状態でも、話しかけると尻尾で答えて
くれる。 流動食を一生懸命耐えてゴックンしてくれる。
まだ目力が残っているし、首がヘタっていないので、頑張れるかもしれない。

造血剤、1回目はまだ効いておらず、今日2回目を入れる予定。
貧血が改善されれば、少しは元気が出てくるだろうか。 それとももう
諦めたほうがいいのか・・・・。

いろんな考えが頭をグルグルして、ヘタレな飼い主はどうしたらいいか
わからなくなります。

でも、海の苦しみや辛さから目をそらさず、最後まで寄り添いたいと思います。




[PR]
by yumi-gino | 2017-09-07 15:24 | 我が家の犬・猫たち | Comments(10)

寄り添うこと

先日動物病院で検査に行ってきました。
海ちゃんですが、もう腎臓のBUN,Creの値が測定出来ないくらい悪化していました。 
(クレアチニン13.6以上、BUN130以上で測定不可)

呼吸が荒く苦しそうだったのでエコーを撮ってみるとなんと胸水が溜まっていて、
胸に針を刺して沢山抜いてきました。 胸から水がどんどん出てきてショックでした。
貧血は輸血が必要なレベルにまでなっていて・・・・。 

今日は今日で、排便しようといきんだら、呼吸が乱れ、開口呼吸に。
もしかしたら便秘になっているのかも。 自分で食べないので、カリカリを
強制的に口に入れていたのが悪かったのか・・・・。
流動食をなかなかゴックンしてくれない海、これからは便秘の事も
考えて水分の多いものにシフトしていかねば。

貧血は、造血ホルモン剤を打ち始めましたが、腎臓から来るものなので腎臓が
悪化すれば貧血も悪化するというループ。
輸血も頭によぎりましたが、猫の血を入手するのはなかなか難しく
反応が悪く出た場合が怖いとか。 たとえ輸血をしてもその場限りの
一時的な対処になるそうなので余り視野にいれたくありません。

どうかどうか、造血ホルモンが効いてくれますように・・・。

腎臓、貧血、そして必須の輸液が身体の循環不順により胸に溜まるという、
『こちらを立たせればあちらが立たず』的なことになってきていて、
どれかを優先すると他のどこかが悪化するという事になってきました。

もしかしたら、海との残された日々はそんなに多くないかもしれない。
抗っても抗っても、避けられないものが目前に迫っているのかもしれない。
でも、祈らずにはいられない。 どうかどうか、一日でも長く、と。

海には少しでも穏やかに、日々を過ごして欲しいと思っています。
どのくらいの間、強制給餌をしたらいいのかという難問がまた降りかかりました。
チーのときに、あれほど後悔したのに、やっぱりご飯をあげないという
選択肢は“今は”選べない・・・・。 結局ずるずるとしてしまいそうな弱い飼い主です。

何も出来ずただあたふたとする飼い主だけれど、最後まで海に寄り添って
行きたいと思います。
e0135287_14375452.jpg
↑6年前、ムックがいたころの写真。 旅立ちが近いムックに、海はずっと寄り添って
いてくれました。 チーが旅立つときもずっとそばにいてくれたんです。 
本当に海は優しい子です。 
今度は私たちが海のそばにいるからね。 安心してね。 

[PR]
by yumi-gino | 2017-09-04 14:47 | 我が家の犬・猫たち | Comments(10)

愛しい音

早朝、カリカリを食べる乾いた音が響かなくなって、海が可愛い声で鳴かなくなって
もう1週間以上が過ぎた。 

あの音を、声を、もう一度聴きたいよ。
 
もう聴けないかもしれないと思うと、余計に。

写真とかは沢山あるけれど、鳴き声は動画にあまり残していなかったかもしれない。
それがすごく悔やまれる。 

声の記憶って、案外あいまいになってしまうもので(私だけかな?)
亡くなったチーやニャー、先代犬たちの鳴き声を正確に思い出せない。

今まで奇跡的に頑張ってきたけど、何とか持ち直して欲しいと思うのは贅沢なのかな。 
神様、もう一度だけ海の声を聴かせて下さい・・・とつぶやいてみたくなる。

毎日、カリカリと流動食を口に入れて飲ませているけれど、嘔吐が出てきたら
それも諦めなければならない。 
まさかチーが亡くなって1年も経っていないのに、海まで、と思うと
胸が塞がる思いです・・・・。



[PR]
by yumi-gino | 2017-09-02 09:47 | 我が家の犬・猫たち | Comments(8)

パン君11歳の誕生日

海ちゃんのことでいろいろ心配事が出てきてしまい、心が晴れない日々ですが
今日はパン君の11回目の誕生日です。
e0135287_18083762.jpg
ビビリなパン君、今日も苦手なハエが家の中に飛んでいて妹の部屋に避難、
あげくベッドの上でお漏らししてしまったらしく、こっぴどく妹に
叱られていました(~_~;)
ビビリな性格は一生直りそうもありませんね。 でもそんなパン君が
たまらなく愛しいです。 最近体調不良の海ちゃんとはあまり遊ばず、
距離を置いていますが、こんな風にまた寄り添ってくれることがありますよう
願っています。
e0135287_18130655.jpg
たぶん、4~5年ほど前の写真。 この頃は海ちゃんもまだふっくらしています。
(なんだか涙が出てきます・・・・。)
これからもずっとみんなで一緒にいられること、それだけが望みなんだけれどなぁ・・・。

とにもかくにも、パン君お誕生日おめでとう!!

[PR]
by yumi-gino | 2017-08-30 18:14 | 我が家の犬・猫たち | Comments(8)

ご飯を食べない・・・・

海ちゃんが4日ほど前からぱったりとご飯を食べなくなりました。
終日だるそうにしているのに、熟睡している感じはなく、夜中目を覚まして
海を見てみると、香箱座りでいつも起きているんです。
どこかが辛くて深くは眠れないのかもしれない・・・・。
少し前までは横になって気持ちよさそうに寝息をたてていたのに・・・・。

全く食べないので、口をこじ開けてカリカリを一粒ずつ放り込み
無理やり入れるようにしていますが、1日40粒(わずか7gくらい)
食べさせるので精一杯。 40gは最低食べないといけないのに。
だんだん痩せてきています。 
日に数回ウェットをすりつぶしてスポイトであげているんですが、口から
ベェ~~っと出してしまい、上手く食べられません(~_~;)
流動食がすんなり入る太めのスポイトがなかなかないんですよね。
今はカテーテルシリンジも試したりしているのですが、先端が
太くて硬いので猫の口には少し大きい。 流動食用の柔らかい理想のスポイト、
メーカーさんは発売してくれないかしら?といつも思います。
あまり無理に食べさせすぎると嘔吐したりするので、その兼ね合いが
難しい。

腎臓の数値が悪化しているのか、はたまた貧血がまた進んでいるのか・・・・。
今週末、かかりつけの病院で血液検査をしてみようと思っています。

ホモトキの効果は出ていません。 始めるのが遅すぎたかもしれないです。
でもまだホモトキを始めてから1ヵ月も経っていないので、とりあえずあと
1,2か月は続けてみるつもりですが、食欲がないのは本当に心配。
この蒸し暑い天候のせいだと思いたいです。

先の事を思うとついつい暗いことをかんがえてしまいがちになりますが、
海ちゃんの生命力を信じたいです。


[PR]
by yumi-gino | 2017-08-29 22:11 | 我が家の犬・猫たち | Comments(4)

海ちゃん・はじめてのホモトキ

先日、千葉の柏にある動物病院でドイツ発祥のホモトキシコロジー療法を受けてきました。

“ホモトキ”の予約はびっしりと入っているようで、1か月ほど予約が取れるのを
待ちました。
やっぱりいろんな病気で悩んでいて、最終的にこういうところに一縷の望みを託して
来る人が多いんですね。

ざっくり言ってみればその個体や症状に合ったレメディやビタミンなどを数種ブレンド、
調合して処方してくれる漢方のようなイメージのものかなぁと感じました。
西洋医学では、療法食に切り替え、輸液で水分を補い毒素を薄める・・・っていう
対処しか出来ないのですが、ホモトキは個体の状態にさらに寄り添った自然治療という
感覚です。 副作用もあまりないそうです。

腎不全になる原因から探らないといけないので、本来いろんな検査が必要ですが
かかりつけの病院のデーターや4年間のCRE,BUNの推移メモを資料に、
ある程度の見立てをしてもらいました。
e0135287_10410278.jpg
海ちゃんは拾った時に猫風邪をひいていたので鼻炎もひどかったし、目もその
影響でにごってる、最近とくに目やにや鼻水が増えているので、身体にもともと
内在しているウィルスが活性化して毒素を出して腎臓に負担をかけているのかも
しれないとのこと。 本当は腎組織検査したりエコーをとって腎臓の萎縮具合を
調べたほうがより詳細がわかってぴったりのレメディを処方できるとか。

ならば、エコーだけでも撮ってもらおうと思っていたのですが・・・ハプニング !

車で1時間以上のロングドライブ、レントゲンを撮り次はエコーというところで
海ちゃん、息が荒く口が開き酸欠状態に。 緊張から呼吸が乱れたようです。
もともと心臓も弱いし、先生もビックリして急遽、酸素室に入らせてくれて
少し休ませてもらい、エコーはまたの機会にとなりました。
e0135287_10403602.jpg
↑写真は酸素室で『出せ~!』と言っている海ちゃんです(~_~;)

以前から通院すると口を開けてハァハァすることがあったので、あまり頻繁に
通院はさせたくないというと、次回からはお薬だけ取りに来るのもOKとのことで
安心しました。

今回はReneelという錠剤と輸液に混ぜて使える液体注射(数種のレメディと
ビタミンが調合してある)を処方されました。
e0135287_10404792.jpg
お薬代、レントゲン、初診料、 酸素室使用料、もろもろで初回は諭吉さんが軽~く
3枚 飛んでいきました(涙)。

次回からはお薬代だけで、たぶんひと月あたり2万円くらいの算段かなぁと思っています。
(その子の症状によってブレンドする製剤が違うので、もっと安く済む場合も、逆に
高くなる場合もあり。 症状や進行具合によっていろいろ変えていくみたいです。 )
まぁ、これ以外にも毎月の点滴代や活性炭などかかるので、海ちゃん貯金をさらに
しなければ・・・・!

あと、猫が腎不全になるのはドライフードも一因らしいですね。
ウェットフードを主に食べてる子の方が寿命が長いというデータもあるそう。
(知らなかった・・・・!)
猫はもともと水分をあまり摂らない動物。 なので腎臓に負担がかかります。
更にドライフードしか食べなかったらそれを体内でふやかし消化するために
体の水分やエネルギーを使い常に乾いて身体がカラカラの状態になるそうです。
なるべくウェットフードで育ててもらう方が良いと先生はおっしゃっていました。

ニャンコさんと一緒に暮らしている方はウェットフードも食べられるように
小さいころから慣れさせてくださいね! 海は一切ウエットを受け付けない子で
カリカリだけしか食べられないので、ここは反省です。

ホモトキ治療、効果があると嬉しいのですが・・・・。 
とりあえずもう他に出来る事がないので、これに賭けてみようと思います。

長い備忘録、どなたかの参考情報になればうれしいです。

[PR]
by yumi-gino | 2017-08-11 10:48 | 我が家の犬・猫たち | Comments(12)

犬と猫、素敵な音楽とアートがあればそれで幸せ。  ペットの肖像画も受け付けています。


by yumi-gino
プロフィールを見る
画像一覧