カテゴリ:我が家の犬・猫たち( 120 )

海ちゃんの近況・クレアチニン値の悪化

腎臓病の末期ステージと診断されている海ちゃん、今日2か月ぶりに
血液検査をしてきました。 
クレアチニンが2か月前は8.6だったのですが、今回
9.9にまで上がっており、目の前が一瞬暗くなりました・・・・。

毎日200ccの輸液を自宅で点滴していますが、腎臓がだんだんと
機能しなくなっているようです。
体重は4.26kgで、半年前に比べると減りましたが、なんとか4キロ台を
キープ。 先生に言わせるとクレアチニンが10に近いのに、かなり
頑張っている方ですよ、ということでした。 

4月に発売になったラプロスという腎不全のための新薬を試すことにしましたが
これはあくまでもクレアチニンが4くらいの子のための薬だとか。
でも、せっかくなので2ヶ月ほど試すことに。 藁にもすがる思いです。

e0135287_19575408.jpg
海ちゃん、毎日痛い注射に耐えて、本当に頑張ってくれてるよね。
最近、寝てばかりだけれど、たま~に出てきてこうして甘えたり遊んでくれる。

いつまでも、この時間が続きますように。 お薬の効果が少しでも出ますように。
最近は、ちょっとでも吐いたり、食欲が無かったりすると、心配でたまらなくなります。 
それでも、腎不全と診断されえてからもう4年近くも踏ん張ってくれている
海ちゃん。
7月の13歳の誕生日が無事に迎えられるよう、一緒に頑張ろうね!!

どうか、猫を飼っている方、健康なうちから腎不全対策をしておいてください。
痩せてきたり、水を沢山飲むようになって気付くのでは遅いです。
どうしてもっとはやく気付かなかったのだろうと、私の様に後悔してほしくありません。




[PR]
by yumi-gino | 2017-04-30 20:07 | 我が家の犬・猫たち | Comments(8)

小さなオーロラの壺

今日、チーを荼毘に伏してきました。 
天気が良くて良かったですが、風が冷たい冬の始まりのような一日。
e0135287_18015629.jpg
チーちゃん、こんなに小さくなって戻って来ました。 
お骨は、先代ワンコやニャンコ、うさぎなどの骨壺があってかさばるので、
全部パウダー加工してもらいました。 
通常の骨にくらべて10分の1くらいの体積になるんですよ。 
妹は専用のペンダントを注文し、いつも一緒にいられるよう身につけるそうです。

葬儀の係の人が、すごくしっかりした骨ですね~、とびっくりしていました。
18歳という年齢だったけど、お口の穴以外は健康だったんだなぁ。
猫の鼻の構造は複雑で鼻腔から続く膜などが薄く、鼻炎の症状が悪化したり
長引いたりすると上顎に穴があくことがあると聞きました。
チーも鼻炎持ちでした。 食事をしたあと、よくくしゃみをしていました。
もしくしゃみとか鼻水が止まらないという症状があったら、一度
上顎の奥をチェックしてあげてくださいね。 チーと同じ苦しみを味わう子が
少しでも減りますように・・・・・。 
知識があったらもっと早くに発見してあげられたのに・・・と後悔は尽きません。

e0135287_18022678.jpg
沢山のお花がチーと一緒に天に昇って行きました。
ここ4か月、食べたくても食べられなかったカリカリと焼きカツオも入れたよ。
向こうで美味しく食べてね。

ありがとう、一緒にいられた18年と3か月、幸せだったよ♪
チーもきっとそうだったよね?

どうかどうか、この世に生を受けた動物たちが、ちゃんとこの世で幸せになれますように
神様によろしく伝えてね・・・、と願いをチーに託しました。

葬儀の帰り道、チーの遺した流動食の缶詰や高栄養食、スポイトなどを猫のレスキューを
しているNPO法人ねこけんに寄付するべく宅急便を出してきました。
今はこれらのご飯を見ると辛いし、なにより病中病後の猫さんに役立ててもらえたら
嬉しいな。 チーもきっと喜んでくれると思います。

チーをナデナデして頂いた方、本当にありがとうございました。

[PR]
by yumi-gino | 2016-11-08 18:08 | 我が家の犬・猫たち | Comments(10)

ありがとう

チーちゃん、夕方6時すぎ、天使になりました。
最期の瞬間はすごく苦しそうで、思わず目を背けそうになりましたが
家族がそろっている日を選んで旅立ってくれました。
いろいろ応援して下さった方、ありがとうございました。

やっと苦しみから解放されて、今は大好きなカリカリを食べているんじゃないかな?
2009年の夏に亡くなった先代猫、ニャーとも会えているよね?

さようなら、ありがとう、おつかれさま、また会おうね、愛しいチー。
最期の最期まで、ご飯や水を食べさせようとしてごめんね。
もっと早くご飯をやめる決断をしていたら、楽に旅立てたのかな・・・・。
後悔は尽きません。 本当にごめんね。 苦しかったよね。
お前は優しい猫だったから、一生懸命ゴックンすることで
私たちを安心させたかったんだよね。 身体は限界にきていたのに。

e0135287_19040699.jpg
e0135287_19030268.jpg
e0135287_19024306.jpg
応援して下さった皆様、本当にいままでありがとうございました。
チーはやっと苦しみから解放されて、今は虹の橋でホッとしていると
思います。

お供花等は、ご辞退させてください。 お気持ちだけありがたくいただきます。
代わりにチーをナデナデお願いします。 そして、これから寒くなる季節、
外猫さんたちがいたらどうか気にかけてあげてください。
元野良のチーもその方が喜ぶと思います。


[PR]
by yumi-gino | 2016-11-06 19:08 | 我が家の犬・猫たち | Comments(13)

やめるという決断

チーの強制給餌を今日限りでやめることにしました。 
飼い主としては苦渋の決断ですが、もうこれ以上食べさせても苦しいだけだと
チーの様子を見ていて感じました。

今まではイヤイヤしながらもなんとか飲み込んでくれていたのですが(水のような
リキッドの流動食です)、昨晩からなんだか胸のあたりからゴボゴボという
音が聞こえてきたんです。 飲ませると開口呼吸になったり、とても苦しそうなので
“もう、いいかな? これでやめるよ。 今まで辛かったね”とチーに言いました。

ネットなどで調べると、やはりペットの終末期に“いつご飯をやめさせるか”という
ことで迷っている飼い主さんが多いようです。
強制給餌をしない事=死、なんですよね・・・・。 でも、自分の身に置き換えて
考えてみたら、呼吸も苦しくて死の淵をさまよっている間、無理やり口から
飲みたくないものを流し込まれるのは嫌だな…とも思いました。
最期は溜まったご飯を吐く力もなくなるそうなので、胸が詰まるのも相当苦しい
はずですよね。
10日間溜まっているはずのウンPももう出す力もなく、本当に可哀そうです。

もう薬も抗生物質も嫌なものは飲ませないよ。
今まで4か月も、頑張ってゴックンしてくれてありがとう。

ただ、水だけでも飲んでくれるといいけれど・・・・。
[PR]
by yumi-gino | 2016-11-06 16:31 | 我が家の犬・猫たち | Comments(0)

久しぶりの日光浴

先日のお休みの日、お天気が良かったので久しぶりにチーをベランダに連れ出して
日光浴させました。
e0135287_12373393.jpg
秋の日差しが眩しかったかな~? 目を細めていたけれど、太陽の暖かさで
黒い毛が温まって気持ち良かったんじゃないかな。

チーは日に日に呼吸も浅くなってきて、反応が薄くなってきました。
今まで手を握るとギュッと握り返してくれたのに
もう力が入らないようで握り返してはくれなくなりました。

出来る事がどんどんできなくなって、ゼロに近づいた時天に召されるのでしょう。
生まれた赤ん坊がどんどんいろんなことを吸収し、成長するごとに生きる技術を
一つ一つ獲得していくのとは逆に、老年になるといろんなことを一つ一つ
手放していく・・・・。 プラスしてきたことをどんどん減らしてまた
まっさらになっていくんだな・・・・、生きる事、死ぬ事って何だろう?

なんだかそんなことをふと考えてしまう今日この頃です。

でも、チーは今日も一生懸命生きてくれてます! そのことだけでもありがたいです。


[PR]
by yumi-gino | 2016-11-04 12:44 | 我が家の犬・猫たち | Comments(4)

最近のチーちゃん

最近、グッと気温が下がる日があったりして、そういう日は湯たんぽをチーのそばに
置くようになりました。 脂肪がほとんどなく骨と皮のようになってしまったので
少しの気温低下も堪えると思うのです。

でも、チーにとって一番の湯たんぽは海ちゃん。
e0135287_18563558.jpg
寒い日はこうしてチーに寄り添ってくれるようになりました。
(たぶん自分が寒いから単に暖を取りたいだけなのかも・・・?)
オス同士仲があまりよくないので、チーは若干迷惑気味ですが。

チーはもうオシッコをトイレでする事も出来なくなり、先日からベッドでおもらしを
するようになってしまいました。 つい3日前まで出来ていた、ひょい!とベッドに
飛び乗る事も出来なくなり、歩くのもやっとです。
どっしりした身体は羽のように軽くなり、撫でてやると骨がゴツゴツ手に当たります。

3週間前からなぜか右目の瞬膜が上がったまま下がらなくなり、視界もさえぎられている
ようです。 穴の空いた口も痛いのか、夜中に起きて首を振り、口をくちゃくちゃさせる
事が多くなりました。 どうしてやる事も出来ず、本当に可哀そうでなりませんが、
これが病と共に老いていくということなのでしょう・・・。

毎日目覚めるたびに息をしてるのを見てホッとすると同時に、お別れの日の事を考えると
涙が出ますが、出来るだけそばにいて海ちゃんのようにさりげなくチーに寄り添っていこうと
思っています。

[PR]
by yumi-gino | 2016-10-27 19:06 | 我が家の犬・猫たち | Comments(4)

頑張ってます

我が家のチーちゃん。 なんとか生きてます。
 
家族と協力してシフト組んで、1日2時間おきの強制給餌や週に2回の
点滴にも耐えてくれてます

上あごに開いた穴はどんどん大きくなって、上あごの全面にひろがってきたようです。
この前ちょっとあくびをしたときにちらっと見えたのですが、ビックリするほど
大きくなっていて・・・。 ショックでした。 口をこじあけて穴の奥が
どうなっているのか見たい気もしましたが、それをやったところでどうしようもないし・・・・。 

穴に粘着性の強いヨダレや流動食がたまるのでしょう、常に涎を口の両端から
垂らしています。 粘度の高い涎がつまったりして口やのどに違和感もあるみたい。

このままどんどん穴が大きくなって行って、貫通しちゃったらどうなるんだろう?
上あごにのっかってる鼻や目、脳とか、そういうものはどうなるんだろう?なんて
考えると怖くて仕方ありません。

毎日、意識があるのかないのか、寝ているのか寝ていないのかわからないような
ぼーっとした状態で過ごしていますが、ご飯をやるときと口周りを拭かれる時は
結構な力で抵抗するんですよ。

たまに海ちゃんがカリカリを食べているのを羨ましそうにじっと見ているときがあって
切ないです。 あんなに美味しいカリカリが好きだったのに、もう自分では食べられず
食事の時間が嫌いになってしまったなんて・・・・・。
トイレに行くときはむくっと起きて、ちゃんと決められた場所まで歩いていくんですよ。
健気です。

それでも、今日はちょっと目力がある瞬間が写真に撮れたのでUPしますね。
澄んだ目は何を見ているのかな?
e0135287_15041380.jpg
あごの下にはいつも涎を吸い込ませるためのティッシュをひいています。
これがすごく嫌みたいで、すぐどかされちゃいます。
首には新生児用のよだれかけを買ってきて付けてるんですが、それもすぐ汚れちゃって。

まるで赤ちゃんに戻ったようなチーちゃん、このまま痛みとかが
出ないように祈るばかりです・・・・。


[PR]
by yumi-gino | 2016-09-20 15:10 | 我が家の犬・猫たち | Comments(2)

レアな写真

e0135287_17343120.jpg
普段はそんなに仲が良くなくて、距離を取ってるチーと海。
でも、たま〜〜にこうして寄り添うことがある。 
海は具合の悪いチーを心配してくれてるんだよね・・・・・。 

お互いの振動を感じてフワフワ動く尻尾見てると癒されます♪

穏やかな時間がずっと続きますように。 
[PR]
by yumi-gino | 2016-09-13 17:35 | 我が家の犬・猫たち | Comments(6)

しまいわすれ

今日はチーの可愛いショットが撮れました♪
e0135287_13254311.jpg
ふふふ、舌をしまいわすれたままぼーっとしています。
今は小康状態を保っています。 
チーちゃん、頑張れ! 大好きだよ♪

[PR]
by yumi-gino | 2016-08-16 13:27 | 我が家の犬・猫たち | Comments(0)

アゴ裏に開いた穴

2ヶ月ほど前から固形物を食べなくなったチーちゃん。
18歳だからもう仕方がないのかな・・・・と1日2時間おきの
スポイトによる流動食を続けてきました。

でも、食べさせるたびにくしゃみをしてエサの混じったひどい鼻水を出すのです。
もともと鼻炎持ちだったので、鼻炎が悪化したのかな・・・と思い
抗生物質をもらいに病院へ。

先生に症状を相談して診察してもらったところ、なんと口の中、正確に言うと上あごの
裏(喉近く)に大きな穴が空いていることがわかりました。
エサを食べられなくなるのは歯や口内炎に原因があったりする場合もあるのですが
それとは全然関係ない場所に穴が空いていて(今まで先生も気づかない深い場所)
どうやらそこから鼻に流動食が流れ込み、くしゃみと共に出てしまうのではと
いうことがわかりました。

チーは口を触られるのが大嫌いで、しかもあまり大口開けてあくびなどをしたことが
ないので、この穴がいつから出来ていたのかわかりません。
痛みなどもあるのかもしれません。

何よりせっかく食べさせた流動食が鼻から出てしまうので、かなり違和感があり
辛いのでしょう。 エサの容器を見せるだけで逃げるようになってしまいました・・・。

今はなんとかなだめすかして、逃げる身体を抑えて強制給餌していますが、
更にこの穴が大きくなったら・・・・と思うと不安です。
もう手術も出来ない歳なのでこのままにしておくしかなく、本当に切ないです。

ふっくらしていた身体もこんなに細くぺちゃんこになってしまいました。
e0135287_16041133.jpg


この夏を無事に越して欲しい、出来れば一日でも長く一緒にいてほしい・・・・
こう思うのは飼い主のエゴなのかなと思いますが、今まで以上に
チーと一緒に入れる時間を大事にしていきたいと思います。

水も上手く飲めないので、脱水を防ぐため1週間に2回の自宅点滴も
開始しました。

チーちゃんにとっては辛いことばかりしていてホントにごめんね。
でも、一緒に頑張ろうね!!



[PR]
by yumi-gino | 2016-08-05 16:05 | 我が家の犬・猫たち | Comments(10)

犬と猫、素敵な音楽とアートがあればそれで幸せ。  ペットの肖像画も受け付けています。


by yumi-gino
プロフィールを見る
画像一覧