やっぱり手作りが一番!

いまだ解決の糸口すら見つかっていない、例の餃子事件。

我が家もあれ以来すっかり餃子を食べる気がしなくなって、だいぶご無沙汰でしたが
今日急に食べたくなり、久しぶりに手作りしました。

e0135287_1833279.jpg


いつも時間が無いとかの理由で、なんとなく冷凍ものを使うことも多かったけど
やっぱりちゃんと具から作って丹念に皮で包むと、おいしさもひとしお!
にんにく、キャベツ、大葉もた~っぷり加える。
蒸し焼きにするとき、水に片栗粉をとかすとちゃんと羽が出来てパリパリに仕上がる。
焼き具合も上々!味も上々!で、すぐなくなっちゃった。

ところで、餃子を作るとき具の量がピタッと皮の数と合って、ちゃんと使いきれることって
あんまりないなぁ・・・。 必ずどちらかが余っちゃう。 (今日も具があまった。)

たま~に、ちゃんと具を使いきれたときは“ヤッタ~~~、私ってスゴイ!”って思う。 
ちょうど海外に行ったとき、あまった現地のお金を1コインたりとも残さずに
空港の免税店でぴったり使い切ったときの快感に似てるかも・・・・!?
(・・・・・ま、どうでもいい話なんですが。)

しかし、安心して冷凍餃子を食べられる日は来るのでしょうか・・・・?
[PR]
# by yumi-gino | 2008-03-16 18:33 | 日常 | Comments(0)

キャットカーヴィング(毛描き・その2)

電熱ペンで毛を一本一本焦がして描いています。

e0135287_1502610.jpg


なんだか、熱そうです。
木の焦げたニオイが目にしみる・・・・・。
[PR]
# by yumi-gino | 2008-03-15 15:01 | キャット・カーヴィング | Comments(0)

一重(ひとえ)のための・・・

私は日本でもそろそろ絶滅危惧種に指定されそうな“一重(ひとえ)まぶた”の女。
そんな少数派のためのマスカラが発売され、嬉しくて思わず買ってしまいました。
その名も『ひとえマスカラ』。

e0135287_12594160.jpg


一重や奥二重の目はどちらかというとまぶたが厚く、まつ毛が下向きになりがち。
今の若い子たちは、外人もビックリしそうなパッチリお目目に長~いまつ毛に進化して
いるから、一重の悩みなんて全然わからないだろうな。
多感な頃はこの眠たげな目が嫌いで、必死にまぶたをこすったりつまんだりして
二重の線が出来ないものか、と悩んでいた。

まつ毛はそんなに短いほうじゃないんだけど、やっぱり二重の『上を向いた扇形の
まつ毛』に憧れるわけですよ。 だからマスカラ選びも手をぬけない。 
一重まぶたにありがちなパンダ目(下まぶたにマスカラがにじむ事)防止効果、
カール力、クレンジングがラクでまつ毛を傷めないという条件をクリアするものには
なかなか出会えない。

さて、このひとえマスカラの威力はどうかな・・・・?
さっそく明日から使ってみます。
[PR]
# by yumi-gino | 2008-03-14 13:00 | コスメ&モニターイベント | Comments(0)

オレンジフローラル

友人がおいしいプレゼントを贈ってくれた!

オレンジ色のパッケージを開けると、バーっとみかんの香りが!!

e0135287_21481239.jpg



神奈川の真鶴で生産されている「皮まで食べられる安心みかん」、
その名も“オレンジ・フローラル”。
そう、防カビ剤、除草剤、ワックス、土壌改良剤などを一切
使用しないでつくられている“こだわりみかん”なのだ。

e0135287_21482798.jpg


スーパーで売られているツルツルした皮のものとは違い、ちょっと
黒い点々なんかもあったり、形も均一じゃないけれど、
ちゃーんと“みかん本来の味”がするのだ。

最近売られているみかんは、どうもぼやけた味しかしないのが不満で
昔ほどみかんを買わなくなっていたんだけれど、やっぱり
自然の農法で作られているみかんは美味しい!
やさしくて、深くて、とんがっていなくて・・・。

薬を使わない分だけ、虫を手でとりのぞいたり、雑草を取ったりと
苦労は倍だろうと思う。 でも、こうした生産者の良心と心意気が
食の安全や味を守っていくのだと思う。
[PR]
# by yumi-gino | 2008-03-12 21:49 | おいしいもの | Comments(0)

キャットカーヴィング(毛描き)

やっと彫りが終わり、やすりがけをして、これから
バーニングによる毛描きに入っていきます。

e0135287_0154314.jpg


目つきのわるいウチの黒猫、チーちゃんになる予定です。

まだらに見えるけど、これは毛の流れのアタリを先生につけて
もらったところ。
全体が真っ黒になるまで電熱ペンで焦がして一本一本毛を
作っていきます。 (気が遠くなりそうな作業ですが・・・。)

黒猫の色は先生のアドバイスで墨汁を使うことにしました。

さて、どうなることやら・・・・。
[PR]
# by yumi-gino | 2008-03-12 00:16 | キャット・カーヴィング | Comments(0)

かわいくって使えません~!

フェルトを使って立体的に作ってある凝ったシール。

e0135287_225388.jpg


ワンコ、ニャンコのものを見つけるとついつい買ってしまうんですが、
もったいなくて使えません・・・・。 
やっぱり最近手紙を出す機会がグッと減ってしまったので
使うきっかけもないんですが・・・。

写真をデコレーションするスクラップブッキングにでも
今度使ってみようかと思います。
昔は、こういうシールは高かったのですが、最近は比較的安く手に入りますものね。
[PR]
# by yumi-gino | 2008-03-10 22:07 | 日常 | Comments(0)

高田雄太さん個展&銀ブラ

猫のいる風景を超リアルにアクリルで描く、高田雄太さんの個展に
先日行ってきました。 

e0135287_1254041.jpg


もう、ため息しかでませんね。
この質感、光、構図・・・・。 結構作品も売約済みのものが
多く、私が行ったときも購入希望者とのお話で忙しく、ご本人と
お話しすることが出来ませんでした・・・・。 残念。

銀座に移動してランチ。 マロニエゲートの11階に入っている
“ラッフルズ・テラス”というシンガポール料理のお店。
チキンライスを食べました。 

e0135287_12541351.jpg


シンガポールのマンダリンホテルのチキンライスが超有名で、実際現地で食べたことが
あるんだけど、やっぱり本場のほうがおいしかったかな。 
でも、ジャスミンライスは 本場の味でした。 店内もコロニアルな雰囲気。

いつも銀座に来ると新しいお店がオープンしていておどろく。
プランタンそばのデビアスビルは、通るたびに見上げてしまう
ユニークなビル。 

e0135287_12542470.jpg


ちょっとわかりにくいかもしれないけど、
にょにょ~~ん、とゆがんでいるのだよ。
中に入ると、どんな感じなんだろう?
[PR]
# by yumi-gino | 2008-03-09 12:54 | 日常 | Comments(0)

犬と猫、素敵な音楽とアートがあればそれで幸せ。  ペットの肖像画も受け付けています。


by yumi-gino
プロフィールを見る
画像一覧