イカ焼き、ふたたび!!

今日はキャットカーヴィングの教室の日。

先週行った関西の旅行の写真やらお土産話で盛り上がり、
“大阪の阪神百貨店の地下で食べたイカ焼きがおいしかった”なんて
話をしていた。

教室からの帰り道、乗換駅のショッピングセンターの入り口で
なにやら見慣れない屋台を発見。 よ~く見ると車体にイカの絵が
描いてある!!

ここらへんでは非常に珍しいイカ焼きの屋台でありました!
なんというシンクロニシティ!! もちろん買うっきゃないでしょう!
e0135287_23302683.jpg

で、今回は玉子入りイカ焼きを。 お兄さんがぷしゅ~~っと
具をプレスしてる間『いや、ちょうど1週間前、大阪で食べたんですよ。
なんか懐かしくて』と言ったらお兄さん笑ってました・・・・
e0135287_23304928.jpg

でも、やっぱり大阪の、あの“ディープな”雰囲気の中で食べた
イカ焼きのほうがおいしかった気がします。
[PR]
# by yumi-gino | 2008-06-10 23:36 | おいしいもの | Comments(0)

7月絵のグループ展に参加します

銀座のミレージャギャラリーにて絵のグループ展に参加します。

このたびDMが出来上がってきたのでUPしますね。 (まだ先ですが・・・。)

e0135287_10182295.jpg
e0135287_10183269.jpg


いろんな動物達の姿をお届けできると思います。

こんなのや・・・・・
e0135287_10205534.jpg
e0135287_1021476.jpg

こんなのを出すつもりです。
e0135287_10214537.jpg


よかったら来てくださいね!

■ミレージャギャラリーHP↓
http://www.mireyagallery.com/
[PR]
# by yumi-gino | 2008-06-10 10:23 | | Comments(0)

痩せたいんだけど、つい・・・・・。

コンビニでつい買ってしまうもの、アイス。

小腹がすいたとき、いいですよね。

で、先日もつい買ってしまいました。

e0135287_23563774.jpg


ビック・パフェ。 17センチくらいあって、けっこう食べがいがあります。

痩せたいっていいながらこの意思の弱さ・・・・ふぅ。
[PR]
# by yumi-gino | 2008-06-08 23:57 | おいしいもの | Comments(0)

映画『西の魔女が死んだ』試写会

e0135287_10484078.jpg

久しぶりに心洗われる、素敵な映画を見ました。

 “人はみんな幸せになれるようにできているんですよ・・・・。”

「西の魔女が死んだ」。その報せを聞いて、中学生のまい(高橋真悠)とママ(りょう)は
急いでおばあちゃん(サチ・パーカー)のもとへ向かう。
“西の魔女”とはママのママ、イギリス人で日本の田舎に一人で住むおばあちゃんのこと。
中学校に入学してすぐに登校拒否になってしまったまいは、大好きなおばあちゃんのもとで
ともに生活を始め、日常生活の手ほどきを受けたのだった。
おばあちゃんがまいに教えてくれたことは、「何でも自分で決めること」だった。
喜びや希望、もちろん幸せも。 しかしある出来事がきっかけで、まいはおばあちゃんとの
間にしこりを残したまま、おばあちゃんの元を離れる。
そして2年後届いた悲しいお報せ――。梨木香歩原作の大ロングセラーの映画化。

静かで、やさしく、それでいて強い・・・・そんな印象の映画でした。

主演のおばあちゃんを演ずるサチ・パーカーの凛とした存在感が印象的。
なんとシャーリー・マクレーンの娘さんだそうで、幼少期日本に住んでいたことから
日本語がペラペラ、“西の魔女”にはまり役でした。

毎日の畑仕事、ワイルドストロベリーを摘んでジャムを作って、鶏の卵をいただいて・・・
まるでターシャ・テューダーさんのような自然と共に暮らすライフスタイルは、
もしかするといちばん優雅で贅沢なことじゃないだろうか。
そんな中で、不登校になった孫のまいは、だんだんと癒されていく。

映画を見ている私も、全編にただようやさしさとおだやかな空気感に心がふわっと
なってしまいました。

おばあちゃんって、母親とも違う、なんとなく特別な存在。
母親に話せないようなこともおばあちゃんになら話せてしまう、不思議で心強い
親友のような・・・・。

ずいぶん前になくなった祖母を思い出し、もっといろんな話をしておけばよかった、と
しみじみ思いました。 ちょっとスピリチュアルなテーマも含んでいて、私的におすすめの
映画です!
[PR]
# by yumi-gino | 2008-06-07 10:50 | 日常 | Comments(0)

京都への旅

一泊二日で京都に行ってきました。

着いた夜は、町屋を改装したおしゃれ系の居酒屋でおでんやカルパッチョなどを
いただき地元のお酒をかたむけつつ、しっぽりと過しました。
e0135287_14345368.jpg


二日目、朝から和菓子の体験講座に挑戦! 練りきりの和菓子3種類を見よう見まねで
つくり、抹茶をたてていただきました。  不器用ながらなんとか形になっているでしょう?
e0135287_14353432.jpg


その後、宇治に移動。 10円玉の絵柄になった平等院や花の寺として有名な三室戸寺へ。
e0135287_14361659.jpg
e0135287_14362588.jpg

紫陽花がきれいでしたよ~! あと10日もすると満開で、夜はライトアップが幻想的に
行われるそう。 また来たい、素敵なお寺でありました。

京都に戻り、ベタですがはじめて京都タワーに登り上からの景色を堪能。
山に囲まれた京都の街並みを頭に焼付け、東京へ戻りました。
e0135287_1437279.jpg

お土産は、小さくてかわいいものを中心に買いました。
e0135287_1438921.jpg

女性に優しい京都の街、また訪れてみたいです。
[PR]
# by yumi-gino | 2008-06-04 14:40 | 日常 | Comments(0)

モテる男考察

どう考えてもたいしたルックスじゃない(どちらかというとヘンな顔)、
なのにモテる男って世の中にはいるようだ。

パッと思い浮かぶのがリリー・フランキーや作家の石田衣良、古くは
火野正平なんかがいわゆる“プレイボーイ”のイメージ。

ぜんぜんイケ面じゃないのにモテている。 
WHY???

見れば見るほど面白い顔。 どうしてこんなのがいいのかしらん?と
思うのだけど、きっとこういう顔なのに臆面もなくキザなことが
サラッと言えてしまうギャップにあるんだろうな。 

あと、この人たちに共通するのはちょっと“くたっ”としていて、
ネクタイとかスーツとか絶対似合わなそうなところ。 
(私が面倒みなきゃ、みたいな母性本能くすぐりタイプ・・・?)
どちらかというと女性的なマインドを持ち、インテリっぽいムードと
根拠のない自信を持ちあわせてる。

まぁ、モテるのには才能も、お金もあるし、っていうのが大前提なんだろうけど。 
しかし、わたしにゃ理解できないわ・・・・。 
(ファンの人、ごめんね。)
[PR]
# by yumi-gino | 2008-05-31 20:01 | 日常 | Comments(0)

かわいいレインブーツ

今日は雨・・・。

通勤電車の中で女性の足元を見てあることに気づいた!
今、長靴(レインブーツ)が流行ってるみたいで、みんな
かわいいのを履いてるの!

いかにも長靴~~、って感じじゃなくて、ちゃんとヒールがあって
カラフルだったり花柄やチェックの模様があったり、今風のヤツ。
そういえば、このまえテレビで取り上げられてたのを見たっけ。
皆、流行に飛びつくの、はやいなぁ・・・。

私もさっそく履いてみたいけど、なんせ25センチの大足なので
きっとこんなレインブーツにはサイズがないだろうな。

ほんと、靴のサイズだけは標準がいいとつくづく思います。
[PR]
# by yumi-gino | 2008-05-30 18:34 | 日常 | Comments(0)

犬と猫、素敵な音楽とアートがあればそれで幸せ。  ペットの肖像画も受け付けています。


by yumi-gino
プロフィールを見る
画像一覧