「ほっ」と。キャンペーン

小さなオーロラの壺

今日、チーを荼毘に伏してきました。 
天気が良くて良かったですが、風が冷たい冬の始まりのような一日。
e0135287_18015629.jpg
チーちゃん、こんなに小さくなって戻って来ました。 
お骨は、先代ワンコやニャンコ、うさぎなどの骨壺があってかさばるので、
全部パウダー加工してもらいました。 
通常の骨にくらべて10分の1くらいの体積になるんですよ。 
妹は専用のペンダントを注文し、いつも一緒にいられるよう身につけるそうです。

葬儀の係の人が、すごくしっかりした骨ですね~、とびっくりしていました。
18歳という年齢だったけど、お口の穴以外は健康だったんだなぁ。
猫の鼻の構造は複雑で鼻腔から続く膜などが薄く、鼻炎の症状が悪化したり
長引いたりすると上顎に穴があくことがあると聞きました。
チーも鼻炎持ちでした。 食事をしたあと、よくくしゃみをしていました。
もしくしゃみとか鼻水が止まらないという症状があったら、一度
上顎の奥をチェックしてあげてくださいね。 チーと同じ苦しみを味わう子が
少しでも減りますように・・・・・。 
知識があったらもっと早くに発見してあげられたのに・・・と後悔は尽きません。

e0135287_18022678.jpg
沢山のお花がチーと一緒に天に昇って行きました。
ここ4か月、食べたくても食べられなかったカリカリと焼きカツオも入れたよ。
向こうで美味しく食べてね。

ありがとう、一緒にいられた18年と3か月、幸せだったよ♪
チーもきっとそうだったよね?

どうかどうか、この世に生を受けた動物たちが、ちゃんとこの世で幸せになれますように
神様によろしく伝えてね・・・、と願いをチーに託しました。

葬儀の帰り道、チーの遺した流動食の缶詰や高栄養食、スポイトなどを猫のレスキューを
しているNPO法人ねこけんに寄付するべく宅急便を出してきました。
今はこれらのご飯を見ると辛いし、なにより病中病後の猫さんに役立ててもらえたら
嬉しいな。 チーもきっと喜んでくれると思います。

チーをナデナデして頂いた方、本当にありがとうございました。

[PR]
# by yumi-gino | 2016-11-08 18:08 | 我が家の犬・猫たち | Comments(10)

ありがとう

チーちゃん、夕方6時すぎ、天使になりました。
最期の瞬間はすごく苦しそうで、思わず目を背けそうになりましたが
家族がそろっている日を選んで旅立ってくれました。
いろいろ応援して下さった方、ありがとうございました。

やっと苦しみから解放されて、今は大好きなカリカリを食べているんじゃないかな?
2009年の夏に亡くなった先代猫、ニャーとも会えているよね?

さようなら、ありがとう、おつかれさま、また会おうね、愛しいチー。
最期の最期まで、ご飯や水を食べさせようとしてごめんね。
もっと早くご飯をやめる決断をしていたら、楽に旅立てたのかな・・・・。
後悔は尽きません。 本当にごめんね。 苦しかったよね。
お前は優しい猫だったから、一生懸命ゴックンすることで
私たちを安心させたかったんだよね。 身体は限界にきていたのに。

e0135287_19040699.jpg
e0135287_19030268.jpg
e0135287_19024306.jpg
応援して下さった皆様、本当にいままでありがとうございました。
チーはやっと苦しみから解放されて、今は虹の橋でホッとしていると
思います。

お供花等は、ご辞退させてください。 お気持ちだけありがたくいただきます。
代わりにチーをナデナデお願いします。 そして、これから寒くなる季節、
外猫さんたちがいたらどうか気にかけてあげてください。
元野良のチーもその方が喜ぶと思います。


[PR]
# by yumi-gino | 2016-11-06 19:08 | 我が家の犬・猫たち | Comments(13)

やめるという決断

チーの強制給餌を今日限りでやめることにしました。 
飼い主としては苦渋の決断ですが、もうこれ以上食べさせても苦しいだけだと
チーの様子を見ていて感じました。

今まではイヤイヤしながらもなんとか飲み込んでくれていたのですが(水のような
リキッドの流動食です)、昨晩からなんだか胸のあたりからゴボゴボという
音が聞こえてきたんです。 飲ませると開口呼吸になったり、とても苦しそうなので
“もう、いいかな? これでやめるよ。 今まで辛かったね”とチーに言いました。

ネットなどで調べると、やはりペットの終末期に“いつご飯をやめさせるか”という
ことで迷っている飼い主さんが多いようです。
強制給餌をしない事=死、なんですよね・・・・。 でも、自分の身に置き換えて
考えてみたら、呼吸も苦しくて死の淵をさまよっている間、無理やり口から
飲みたくないものを流し込まれるのは嫌だな…とも思いました。
最期は溜まったご飯を吐く力もなくなるそうなので、胸が詰まるのも相当苦しい
はずですよね。
10日間溜まっているはずのウンPももう出す力もなく、本当に可哀そうです。

もう薬も抗生物質も嫌なものは飲ませないよ。
今まで4か月も、頑張ってゴックンしてくれてありがとう。

ただ、水だけでも飲んでくれるといいけれど・・・・。
[PR]
# by yumi-gino | 2016-11-06 16:31 | 我が家の犬・猫たち | Comments(0)

久しぶりの日光浴

先日のお休みの日、お天気が良かったので久しぶりにチーをベランダに連れ出して
日光浴させました。
e0135287_12373393.jpg
秋の日差しが眩しかったかな~? 目を細めていたけれど、太陽の暖かさで
黒い毛が温まって気持ち良かったんじゃないかな。

チーは日に日に呼吸も浅くなってきて、反応が薄くなってきました。
今まで手を握るとギュッと握り返してくれたのに
もう力が入らないようで握り返してはくれなくなりました。

出来る事がどんどんできなくなって、ゼロに近づいた時天に召されるのでしょう。
生まれた赤ん坊がどんどんいろんなことを吸収し、成長するごとに生きる技術を
一つ一つ獲得していくのとは逆に、老年になるといろんなことを一つ一つ
手放していく・・・・。 プラスしてきたことをどんどん減らしてまた
まっさらになっていくんだな・・・・、生きる事、死ぬ事って何だろう?

なんだかそんなことをふと考えてしまう今日この頃です。

でも、チーは今日も一生懸命生きてくれてます! そのことだけでもありがたいです。


[PR]
# by yumi-gino | 2016-11-04 12:44 | 我が家の犬・猫たち | Comments(4)

カフェ伽羅さんに納品させていただきました

下総中山のカフェ伽羅さんで、私、Frejour(フレジュール)のハンドメイド作品の
委託販売をしてくださることになりました。
先日、納品に行ってきましたよ。
e0135287_12214531.jpg
とりあえず、10品ほど。 右上の方にある、サークルパールと黒いタッセルの
ピアスはカフェ伽羅さんに新しく入られたアルバイトの方が気に入って下さって
その場でお買い上げしてくださいました♪ 嬉しい~!
なので、現在店頭にあるのは9品になります。
少しでも皆様に見て頂けるといいなぁ~~。
e0135287_12215456.jpg
私が個人的に好きなのは、このピアス。 小さなブルーのしずくがゆらゆら
揺れるピアスです。
もし下総中山(もしくは京成中山)に来られることがあれば、カフェ伽羅さんに
立ち寄ってみて下さいね。 大人ランチやワークショップが楽しめるアットホームな
カフェです。 カフェ伽羅: http://cafekyara.wixsite.com/kyara

そして、11、12日はカフェ伽羅さん2回目のよろずや伽羅市があります!
e0135287_12584408.jpg
沢山のハンドメイド品が並びます。 体験型のワークショップもアリ。
私は12日に参加します。 是非来てくださいね~!!

[PR]
# by yumi-gino | 2016-11-03 12:30 | ハンドメイドアクセ・雑貨 | Comments(0)

若かりし頃のチーの肖像

e0135287_14225210.jpg
チーの寝顔を見ながら、黒い画用紙に白い色鉛筆のみを使って肖像画を描いてみました。
色を塗り重ねたりする必要が無いので、あっという間に描けました。
黒い子は黒の画用紙に描くとカッコよく見えますよね。

若い頃のチーはオス猫らしく、頭の大きい子で、精悍な顔つきをしているでしょう?
こう見えても性格はと~~っても優しく、甘えたさんなんです。

幼少時代(野良の子猫ちゃんだったのを保護しました)から18歳の今まで、いろんな
思い出を思い浮かべながら描きました。 
もしかするとこれが(チーの生きている間に描く)最後の絵になるかもしれません。

さっき、描きあがったのをチーに見せたら、何やら満足そうな顔をしていたので
良かったなぁと思います。


[PR]
# by yumi-gino | 2016-10-29 14:27 | ペットの肖像画 | Comments(6)

最近のチーちゃん

最近、グッと気温が下がる日があったりして、そういう日は湯たんぽをチーのそばに
置くようになりました。 脂肪がほとんどなく骨と皮のようになってしまったので
少しの気温低下も堪えると思うのです。

でも、チーにとって一番の湯たんぽは海ちゃん。
e0135287_18563558.jpg
寒い日はこうしてチーに寄り添ってくれるようになりました。
(たぶん自分が寒いから単に暖を取りたいだけなのかも・・・?)
オス同士仲があまりよくないので、チーは若干迷惑気味ですが。

チーはもうオシッコをトイレでする事も出来なくなり、先日からベッドでおもらしを
するようになってしまいました。 つい3日前まで出来ていた、ひょい!とベッドに
飛び乗る事も出来なくなり、歩くのもやっとです。
どっしりした身体は羽のように軽くなり、撫でてやると骨がゴツゴツ手に当たります。

3週間前からなぜか右目の瞬膜が上がったまま下がらなくなり、視界もさえぎられている
ようです。 穴の空いた口も痛いのか、夜中に起きて首を振り、口をくちゃくちゃさせる
事が多くなりました。 どうしてやる事も出来ず、本当に可哀そうでなりませんが、
これが病と共に老いていくということなのでしょう・・・。

毎日目覚めるたびに息をしてるのを見てホッとすると同時に、お別れの日の事を考えると
涙が出ますが、出来るだけそばにいて海ちゃんのようにさりげなくチーに寄り添っていこうと
思っています。

[PR]
# by yumi-gino | 2016-10-27 19:06 | 我が家の犬・猫たち | Comments(4)

犬と猫、素敵な音楽とアートがあればそれで幸せ。  ペットの肖像画も受け付けています。


by yumi-gino
プロフィールを見る
画像一覧