高潔な魂の持ち主

毎日新聞より転載した記事です。
このような高潔な魂を持って、老犬たちを助けようとした女性がいたこと
忘れません。 残されたクロちゃんがこれから先どうか山崎さんと3匹の
老犬の分も幸せに暮らせますように。 心から今回の災害で犠牲になった方々へ
お悔やみ申し上げます。

<西日本豪雨>「犬を助けたい…」68歳女性、土砂崩れ犠牲

◇福岡・筑紫野 毎日通っていた老犬の保護施設近くで

 福岡県筑紫野市の山中で土砂崩れに巻き込まれた
山崎ツギ枝さん(68)=同県宇美町=は、毎日通っていた老犬の保護施設近くで犠牲となった。施設を運営する長澤由起子さん(67)は、被災の瞬間など生々しい状況を山崎さんからメールで受信。そのメールからは命を懸けて老犬を救おうとした山崎さんの最期が浮かび上がった。

 山崎さんは十数年にわたってボランティアで老犬の介護をしていた。6日もいつも通りに山中の保護施設で犬の世話をしていると、雨脚が強くなった。長澤さんに最初のメールが入ったのは、6日午後2時41分。「地盤が崩れました」だった。

 驚いた長澤さんは119番して救助を要請。しかし、午後3時15分のメールでは「犬をここから助け出す方法がありません。私も土砂崩れに巻き込まれ。恐ろしいです」と状況の悪化を知らせてきた。同31分に「どうかして犬を助けたい」とのメールが届いたのを最後に連絡が途切れてしまった。

 山崎さんはその後、駆けつけた消防隊員と避難している最中に土砂崩れに巻き込まれ、7日午前に筑紫野市内の水路で見つかった。長澤さんが9日に現場に入ると、当時、保護施設にいた3匹の犬の姿はなく、施設も土砂で流されていた。「雨や雪の日も休まず、病気や障害のある老犬たちに愛情を注いでいた。責任感の強い人だった」と長澤さんは山崎さんをそう振り返る。

 10日にあった葬儀会場には、山崎さんが施設から自宅に連れ帰って飼っていた愛犬クロの姿もあった。「
クロちゃんがさみしそうな顔をしていた。最後まで自分だけ逃げようとせずに犬を守ろうとしてくれた。天国でも3匹のお世話をしているかもしれない」。長澤さんは目頭を押さえた。【末永麻裕
[PR]
Commented by 紅緒まま at 2018-07-11 17:32 x
こうした女性がいたこと、忘れずに心に留めておきます。
残されたクロちゃんの幸せを祈ります。
Commented by yumi-gino at 2018-07-11 17:38
>紅緒ままさん、
どうしてこんな優しい人が・・・・と悔しいです。
たった一人、恐怖の中、使命感を持って大好きなワンコ達を助けようと
奮闘したことか。 願わくば、天国で犬たちに再会していて
欲しいですね。 クロちゃん、寂しいね・・・・・。
名前
URL
削除用パスワード
by yumi-gino | 2018-07-11 16:49 | 日常 | Comments(2)

犬と猫、素敵な音楽とアートがあればそれで幸せ。  ペットの肖像画も受け付けています。


by yumi-gino
プロフィールを見る
画像一覧