人気ブログランキング |

2012年 02月 04日 ( 1 )

あるワンコの死

e0135287_2063450.jpg


先日、とても悲しい知らせを聞いた。

近所に住んでいるしじみちゃんという犬がフィラリアで
旅立った。 寒い寒い風が吹く、2月1日にたったひとりで
外につながれたまま・・・・・。

10歳になるまで、飼い主はこのしじみちゃんを庭につないで
散歩もさせずにネグレクトし、数年前別宅を買った際、しじみちゃんを
庭に残して徒歩10分くらいのところに引っ越したのだ。
餌だけは嫁が来て、どうやら食べさせていたという。

見かねた近所のおばさんがずっと朝晩かかさずこの2年間ほどは
散歩をしてくれていた。

昨年末からなんだかお腹が膨らみ始め、おばさんが飼い主に頼んでも
病院すら連れて行く気配がないので、お金だけ出してもらって
うちの妹が強制的に車で病院に連れて行った。
 
でも、すでにフィラリアの末期で腹水がパンパンにたまっており、
もう手の施しようがないと医者も苦虫をかみつぶしたような顔・・・・。
とりあえず、散歩してくれてるおばさんが心臓の薬をもらって
投薬してくれることになった。 それが去年の12月のこと。

苦しい年が明けて2ヶ月頑張ったけど、心臓が持たなかったんだね。
ここ数日の寒さも相当身体に堪えたのだろう。

しじみちゃん、助けてあげられなくてごめんね。
マンションじゃなければパンナと一緒に飼ってあげたかった
のだけど・・・・。

今まで10年間も何の予防接種もせず、病院すら連れて行かなかった
飼い主は、しじみちゃんを古い家に残したまま、少し前にまた新しい犬を
飼いはじめたと聞く。 
(その犬も、散歩もさせず寒くて凍えそうな嵐の日も外に出しっぱなしらしい。
可愛い子犬のころを過ぎると飽きる、というわけ・・・?)

赤の他人に自分の犬の世話やら散歩やらをさせていて平気な神経の
持ち主とはいったいどんな顔をしているんだろう。
(会ったこともないのだが、ぶん殴ってやりたい!!)

千葉の田舎で農家が多いここら辺の土地柄。 
犬は単なる番犬でしかないのだろうか。
(この家も金だけはありそうで、たまに帰ってくるボンクラせがれが
真っ赤な外車に乗って出かけるのを目撃したことがある。)

しじみちゃんは、いつも散歩する犬を羨ましそうに庭から
眺めていたっけ。 そばを通るときは必ず声をかけていたけど、
人間が大好きで嬉しそうにしていた。 きっとさびしかったんだろうね。

こういう風につながれっぱなしの犬は、結構うちのまわりにたくさん
いる。 さみしそうに暗い小屋の中に寝ている犬、そういう家の
前を通るときは、悲しくてやりきれなくなる。

しじみちゃん、何もしてあげられなくてごめんね・・・・・。 
でも、周りの犬好きな人たちはしじみちゃんのことを
気にかけていた人も多かったんだよ。 
この2年間、毎日欠かさず散歩をしてくれたおばさんの気持ちを思うと
本当にやりきれない。 でも最後に散歩という楽しみを知れて
良かったね。

あとで、お花をしじみちゃんが座っていた場所に供えてこよう。
今度生まれてくる時は、絶対に優しい飼い主さんの元に生まれて
きなさいね。

どうか、天国で安らかに・・・・・・。
by yumi-gino | 2012-02-04 20:07 | 我が家の犬・猫たち | Comments(4)

犬と猫、素敵な音楽とアートがあればそれで幸せ。  ペットの肖像画も受け付けています。


by yumi-gino
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る