人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

今日の半ちゃん

半ちゃんを保護して4日目。 
e0135287_10333864.jpg

だんだん慣れてきたようです。 猫たちともあたらずさわらず、上手く
やってます。
e0135287_10332788.jpg
性格が穏やかなので、猫たちも危険はないと判断した模様。
リクちゃんだけが、ちょっとフーフー言います。
e0135287_10361883.png
パン君に以前ガブリとやられたことがあって(怪我はなかったのですが)それ以来
犬は苦手になってしまったリクちゃん。 もう立派なお兄さんなんだから、
半ちゃんと仲良くしてね~!!

by yumi-gino | 2018-12-28 10:37 | 我が家の犬・猫たち | Comments(8)

冬のペットの風邪対策に

暖冬とはいえ、朝夕は冷え込む日が増えてきました。 皆さんのペットちゃんは
体調大丈夫でしょうか。

先日の投稿でゴマとスリがくしゃみをしはじめたことを書きました。
室内は暖かくしていたのに・・・・。 もしかして風邪かも?と
ちょうどいただいていたモニター品「Pikotエキナセア」を与え始めました。
e0135287_11222673.jpg
Pikotエキナセアは、犬猫用の風邪予防・インフルエンザ予防の
サプリメント。

e0135287_11225725.jpg
こんな風にカプセルに粉状のエキナセアが分包されていて、1瓶に30粒
入っています。
e0135287_11233457.jpg
出してみると結構中身が詰まってます。 (カプセルは硬いのであげないでくださいね。) 
かいでみると、匂いはやっぱり独特の薬草っぽい香りがしますね。 
うちの子たち、匂いに敏感だから食べてくれるかなぁ。
e0135287_11242889.jpg
1粒にエキナセアエキス400mg入りですって。
e0135287_11253414.jpg
こんな風にいつも食べるドライフードにかけて与えてみます。
e0135287_11260302.jpg
おお、リクちゃんは全然気にせず食べてくれました!
e0135287_11263240.jpg
スリちゃん(左)も、最初はクンクンと匂いを嗅いで躊躇していたけれど、
なんとか食べてくれました。 ゴマ(右)は特に気にすることもありませんでした。

もし食べない場合は、こんな風にちゅーるとか食いつきのいいウェットに
混ぜてあげてから慣らすといいかもしれません。
e0135287_19270500.jpg
e0135287_19271876.jpg
クシャミが出始めても仕事の都合でなかなか病院に行けなかったのですが、
1週間くらいこちらを与え続けたら少しずつクシャミは減っていきました。
食欲もそこそこあるし、元気に3匹で遊ぶようになったし、なんだか
大丈夫そうです。

念のため病院にその後行ってきましたが、風邪の症状はもうそんなに心配ないと
いうことで目薬のみ処方されました。 エキナセアを飲ませていなかったら
もっと症状進んでいたかもしれません。 良かった~~!

リクちゃんにも風邪がうつるかも、と思っていたのですが、全然大丈夫でした。
エキナセアを飲ませたので予防になっていたのでしょうね。
ペットを複数匹飼っていると、順番に風邪がまわったりするからホントに
気を付けたいですよね。

いいタイミングでこちらの商品をモニターさせて頂いて良かったです!

e0135287_11272182.jpg
今夜からぐっと冷え込み日本列島が寒波に包まれるそうですね。 これからもペットの健康に充分注意して万全の風邪対策をしていきたいと思います♪

☆株式会社キングクエストのモニターに参加中

Pikotエキナセアブログで口コミプロモーションならレビューブログPikotエキナセアブログで口コミプロモーションならレビューブログ
by yumi-gino | 2018-12-27 08:59 | モニターやイベントレポ | Comments(2)

ダックスの半ちゃん

朝、パン君の散歩で会う同じマンション(棟違いですが)に住んでるダックスの半ちゃん。 
いつも60代くらいのお父さんとお散歩していました。 ここ数か月、姿を見かけなかったのでどうしているのかな・・・と思っていたところ・・・。

「先日、半ちゃんのお父さんとお母さんが相次いで救急車で搬送されていった」と、
一部始終を向かいのマンションの窓から見ていた犬友さんから聞きました。

前から奥さんも体調が悪く歩くことが出来ない、旦那様も持病がありながら家事すべてをやっているというお話は聞いたことがありました。 飼い主2人がいきなり家からいなくなって残された
半ちゃんはどうしているだろうとすぐに心配になりました。 
(その話を聞いた時もうすでに救急搬送から3日経っていました。) 

うちは、ちょうど向かいのマンションにあたるのですが、半ちゃんの飼い主さんの名前も、住んでる号室もイマイチよく知らない。 犬友さんに聞きこみにいって、だいだいの目星をつけお宅を
ピンポンしてみると案の定半ちゃんの吠える声が。 やっぱり1匹で残されてるんだ・・・・!

管理人室に事情を訴えに行ったのですが、なんとマンションの鍵などはセキュリティー上預かっておらず、住人本人しか開けられないとのこと。
マンションの扉を施工した業者に問い合わせても、マスターキーなどは存在しないと。 
何かあったら、警察など立会いの元、窓や扉を壊して入らないといけないらしい。

ええ~~、うそでしょ!? 昔はマンションの鍵落とした~、と泣きついたら
管理人さんがあけてくれたのに。 今のご時世、それはもうないそうです。
(それとも、うちのマンションだけかしら・・・?)
このまま飼い主さんの病状もわからない、いつ帰ってくるかもわからない中、年末年始を迎えてしまったら半ちゃんは衰弱死してしまう。

マンションの管理人が保管している緊急の連絡先(親族など?)の電話も
使われていない℡番号になってしまっているそう。 (そういえばもう身寄りはいないと言っていたっけ・・・・)

半ちゃんをとりあえず助けるにはどうしたらいいかいろいろ考えました。 

まず地元の救急病院にあたりを付けて電話。
「○日頃、○○という名前の人が搬送されてきませんでしたか? こういう事情でお見舞いに行きたいのです」と訴えても、個人情報保護法があるので他人には教えられないとの事。 
どこの病院に℡しても答えてくれないでしょうとのこと・・・・。 
まぁ、今はいろんな事件や詐欺などがあるしDVとかの問題もあるしね。
じゃ、犬は諦めろってこと? 冗談じゃない!

とにかくどこの病院に入ったのか確かめる必要がある。 そして、ご本人から
自宅の鍵をもらわなくては。 

はっと気づいて「救急搬送した隊員なら知っているはずだし、記録があるかも」と
地元の消防局に℡。 案の定、犬が取り残されていると言っても“個人情報がありますので・・・。
どこの病院に搬送されたか、こちらからはお答えは出来ません”とのこと。 
食い下がったら、記録を照合して病院がもし情報開示にOKしてくれたら病院から連絡をしてくれるかも、とのことでした。

本当に個人情報保護法っていうのが壁ですね。 緊急の場合、親族の死に目にも
会えないんじゃないかしら、と思ってしまったわ。 搬送された人の生年月日とか詳しい情報をいろいろ聞かれるみたいです。 (そんなの、赤の他人の犬の散歩仲間は知らないし・・・!)

待つこと数時間、該当する病院から連絡がありました。 良かった!!
事情をくんでくれた心ある病院で良かった。

慌ててお見舞いに行き、病状を聞きました。 半ちゃんの事が何よりの気がかり
だったそうだけど、ベッドから全く動けず、私たちが預かりますと言ったら
声をあげて泣かれてました。 まだ検査結果も出ておらず絶対安静、退院はしばらく無理そうでした・・・。 ここ1か月で15キロも痩せたそうだけど、どうか重篤な病気ではありませんように。
とりあえず鍵を預かり、管理人に立ち会ってもらって半ちゃんを保護してきました・・・・!

いやはや、ここまでが本当に大変だった。 

赤の他人が何とかしようと思ったら難しい世の中なんですね。 でも諦めず道を探れば、突破口はある!と感じました。 その前にみんな諦めてしまうんだろうけど、目の前にいるはずの子を助けられず後悔するのは絶対に嫌だったんです。

今、半ちゃんはうちでゆっくりしています。 三日三晩一人で耐えて頑張ってくれました。 
ここ数か月は飼い主さんの体調がすぐれなかったので、満足に散歩もされていなかったようでかなり太ってました。 可哀そうに。

はやく飼い主さんが良くなってくれるといいけれどね・・・・。
e0135287_13084428.jpg
e0135287_13090579.jpg
パン君とも猫ともうまくやっていけるかなぁ。 なんとなく大丈夫そうです。

今年は猫も3匹保護してしまったし、クリスマスにまさか犬までこんな形で
やってくるとは、本当になんという年なんでしょう・・・。
狭いマンションに犬2匹猫3匹はいっぱいいっぱいです(~_~;)

でも、健康の大切さ、ペットを飼う時のいざという時の心構え、有事の時の対応、今の社会の不備など、考えることは沢山あるなぁ、と感じました。

とりあえず、半ちゃん(6歳、オス)、これからよろしくね~!!
早くお家に帰れるといいね。



by yumi-gino | 2018-12-26 13:24 | 我が家の犬・猫たち | Comments(2)

来年は・・・・

先日のミニ絵画展が終わったと思ったら、また次の展示のご案内です。
来年1月、東日本橋にある猫の引出しさんで開催予定の
「子猫物語」に参加します。
e0135287_14525649.jpg
↑DM(左下)の絵は、スリちゃんがモデルです。

こちらのねこの引き出しさんには初出品なのですが、パステル作家の
いいじませつこさんからお誘いいただいて参加することになりました。
(いいじまさんは夏の101匹猫展の常連作家さんです。)
e0135287_14531588.jpg
可愛い子猫作品が沢山出品されるグループ展楽しみにしていてくださいませ。
絵の他に、ハンドメイドの猫アクセサリーや雑貨なども持っていきますね。


by yumi-gino | 2018-12-24 14:54 | その他の絵や展覧会情報 | Comments(2)

メリー・クリスマス!

今年もあとわずか・・・・なんだか本当に月日があっという間に流れて
いきますね。
平成も30年間で終わり、次はどんな時代がやってくるのかな?
願わくば、平和な時代が続きますように。 動物も人間も自然も
傷つけられることのない世の中になりますように。
e0135287_12160359.jpg
皆様、素敵なクリスマスとよいお年をお迎えくださいね!
(写真はリクちゃんです。) ・・・と、UPしたとたんスペルミス発見!
Merryの間違いでしたね。 トホホ・・・(~_~;) お許しください、神様。


by yumi-gino | 2018-12-24 10:24 | 日常 | Comments(0)

ご高覧ありがとうございました

ギャラリー八重洲で開催されていたミニ絵画展、本日お開きとなりました。
来て下さった方、作品を購入して下さった方、お会い出来ずすみません。
本当にありがとうございました! 2度目の参加ですが、みなさんの
作品から発せられるパワーに圧倒されました。

また機会があったら参加したいと思っています。
e0135287_19052078.jpg
12作品中5つがお嫁に行きました。 手に取って下さった方のもとで
大事にされますように。 

by yumi-gino | 2018-12-23 19:06 | その他の絵や展覧会情報 | Comments(2)

オブラートトリーツで苦手なお薬を克服!

e0135287_13293451.jpg
僕、パンナです。 僕は今12歳なんだけど、シニアって呼ばれる10歳ころから
「心臓弁膜症」っていう心臓の病気になって毎日お薬を飲まなきゃいけないようになったんだよ。 1日2回も、こんなお薬を飲まされるんだ。
e0135287_13121438.jpg
お薬は、苦いし口の中になんかガリっと当たるし、飼い主がご飯の中に
上手く隠したつもりでも、鼻がいいからね、ちゃんとわかっちゃうんだ。 
うまくお薬をよけて残したりすると、飼い主は悲しそうなガッカリした顔をする。

だって・・・・、まずいんだもん。 仕方ないよね?

e0135287_13142226.jpg
そんな時、飼い主がこんなものを密かに入手していた。
オブラートトリーツっていうんだって。 ちっちゃくてまるい、ひらたいやつ。 
e0135287_13162650.jpg
それをこんな風につぶして手でのばして・・・・あ、僕の嫌いな薬を
のせちゃった~~! ヤメテ!
e0135287_13160420.jpg
くるんと包んで丸くして・・・・。
e0135287_13215853.jpg
お薬が見えなくなった。

e0135287_13180556.jpg
はい、パン君、どうぞ♪だって。 騙されないぞ。 この目でお薬包むの
ちゃんと見てたんだからね。
e0135287_13183774.jpg
えっと、なんだか美味しそうなんですけど・・・・。 匂いも悪くないし。
e0135287_13192166.jpg
ぱくっ!! あれ、食べちゃった・・・。 お薬嫌いなのに。 

やられた~~!!

~オブラートトリーツの特徴~

● やわらかくて、美味しい♪ 
指でつぶせて包める程、柔らかいトリーツです。
簡単に錠剤やカプセルを包み込んで隠すことができます。
硬いものが苦手なワンちゃんのオヤツにも♪愛犬の嗜好性も抜群です!


● 低アレルゲン   
動物性たんぱく質を使わず、犬の主要アレルゲン35品目を除去しているので、
食物アレルギーが気になるワンちゃんにも安心して与えられます。



● 高い免疫賦活作用 
乳酸菌酵母共棲培養エキス末。乳酸菌と酵母を組み合わせることで、
より高い免疫賦活作用が認められています。
腸内細菌叢を整え、免疫力をあげるごとにより、愛犬の体調を維持します。








by yumi-gino | 2018-12-18 15:35 | モニターやイベントレポ | Comments(4)

明日からはじまります!

世界一小ちゃい?!ミニ絵画展、明日からギャラリー八重洲(東京駅八重洲口
地下街)にてはじまります!! 本日作品を搬入してきました。
e0135287_17001887.jpg
e0135287_20041792.jpg
100名近い作家が参加しますので圧巻の作品数です。
私は10作品のうち、やはり猫の作品率高めです。
在廊はしていませんが、沢山の小さい絵たちがお待ちしております。
*最終日は午後3時で終了ですのでお気を付け下さい。

こちらの記事でも紹介されていました。
よろしければご覧ください↓
https://guidetokyo.info/join/event/00520.html

by yumi-gino | 2018-12-16 20:00 | その他の絵や展覧会情報 | Comments(2)

人が食べられる食材でつくった安心ドッグフード

我が家のパン君(12歳、オス、18キロ)は、食が細く好き嫌いが激しい
困ったチャンです。 おまけにお腹が弱く、すぐゲーリーになったり
するのです(~_~;) フード選びは本当に大変。

今回、ドッグフード無添加安心本舗さまの「無添加ドッグフード安心」
モニターするラッキーな機会をいただきました♪
e0135287_11174471.jpg
パン君、食べてくれるかな~?

シンプルな白地のパッケージ。 500g入りです。 
e0135287_11185765.jpg
こちらの「無添加ドッグフード安心」は、人が食べられる
多種の食用生肉(牛・豚・鶏・馬・魚)を
たっぷりと使用し、
ビタミンやミネラル等の必要な栄養素も食材から摂取できるようにつくられています

e0135287_11093114.png
なので、一般的なドッグフードの約半分の分量で、充分な栄養バランスを
与えることが出来、愛犬の身体に負担をかけないですむとか。
食が細く、ちゃんと栄養とれてるか心配なパン君にとってはうってつけ。
e0135287_11175265.jpg
細長い形状のフード。
e0135287_11180089.jpg
いわゆる「美味しそう~!」な匂いはそんなにつけてありませんね。

e0135287_11184715.jpg
いつもの量の半分くらいを与えます。 トッピングしないと食べない時も
あるのですが、あえて何も加えずそのまま与えたところ・・・・




e0135287_11180983.jpg
おおお、トッピングもなにもしていないのにがっついています!
これ、パン君にしてはかなり珍しい事なんですよ。
いつも新しいフードに切り替えた時は、匂いをスンスンかいで(警戒して)
プイっと食べないことが多いのです。
e0135287_11183827.jpg
あらら、あっという間に完食~! 身体にいいフードがわかるのかしら?
香りもそんなに強くないフードなのに、不思議です。

余計なトッピングも、それ以降しなくて済むようになりました。

そして、与え続けて10日くらいたったころ、柔らかめだったパン君の
うんPがしっかりしたバナナ型に変化してきました! 
お腹の調子も整ってきたように思います。


犬にとっては一生食べ続ける主食であるドッグフード、少しでも良い物、
身体にとって負担の無い物を選ぶのって大事だなあと感じました。



安心・安全で評判の無添加安心本舗ファンサイト参加中ドッグフード無添加安心本舗ドッグフード無添加安心本舗
by yumi-gino | 2018-12-14 11:39 | モニターやイベントレポ | Comments(2)

本日の猫団子

関東地方は冷たい雨・・・・。 暖冬に慣れていたのでグッと寒く
感じます。
我が家の猫たちも3匹で猫団子を形成中です。
e0135287_18020986.jpg
スリちゃん(左上)、ここのところクシャミが続いていて、鼻水もあまりなければ
食欲もあるのですが心配なので今週末病院に連れて行こうと思います。

来週末は、避妊手術のため2泊3日の入院を予定しているので心配です(~_~;)

皆さんもどうぞ寒さに気を付けて下さいね~!

by yumi-gino | 2018-12-12 18:04 | 我が家の犬・猫たち | Comments(6)

犬と猫、素敵な音楽とアートがあればそれで幸せ。  ペットの肖像画も受け付けています。


by yumi-gino
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る